宝島のアニメの最終回ネタバレ、「フリントはもう飛べない」 | 宝物のような場面とストーリーたち

宝島のアニメの最終回ネタバレ、「フリントはもう飛べない」

スポンサーリンク

宝島のアニメあらすじとは

少年が男になる物語

宝島のアニメは、原作『宝島』を改変して1978年10月~1979年4月まで放送されていた作品です。アニメのほかに、映画化もされている昭和を代表する名作の一つです。

主人公の、ジム・ホーキンスは船乗りだった父の影響を受け、13歳の若さで海に出ます。そこで海賊のジョン・シルバーと出会い、物語は進んでいきます。

作品コンセプトは、『男の物語』です。13歳の少年が海賊と旅を続けることで、男に成長していく様子を描いています。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録

宝島のアニメキャストについて

昭和の名作に多数出演していた

主人公ジム・ホーキンズの声優は、主に清水マリが担当しています。

清水の代表出演作品は、『鉄腕アトム アトム』や『妖怪人間ベム ベロ』を担当しています。2003年にアトムの声優を降りた後も精力的に声優業を続けています。

また、ジョン・シルバーの声優は、若山弦蔵が担当しています。若山は主に映画吹き替えを担当しています。代表作は『007シリーズ ジェームズ・ボンド』です。

アニメでは見る機会は少ないですが、海外映画を見るときに必ず聞いたことのある声優の一人です。

2名とも昭和を代表する声優のため、その後の日本アニメ作品に貢献した人物です。

宝島のアニメ主題歌の歌詞について

宝島に向かう様を歌っている

宝島のアニメの主題歌は、『宝島』です。作詞 岩谷時子、作曲 羽田健太郎にて作られています。

大海原をイメージした歌詞と曲調は聞いているだけで、海に出た気分にさせてくれます。

また、歌詞の中に、『勇気をむねにすすもうよ』という歌詞が何度か出てきます。その歌詞が、成長していくジムの心を表しているように感じます。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

宝島のアニメ最終回ネタバレについて

成長したジムを描いている

宝島のアニメは、『フリントはもう飛べない』です。

ジムは最後に海賊フリントとの戦いに勝利し、宝を祖国のイギリスに持ち帰り、凱旋します。

あどけない13歳だったジムは、もうそこには見えず、シルバーとの旅を立派に終わらせました。

また、シルバーはフリントの戦いの中で囚われていましたが、華麗に脱出しています。

祖国での凱旋の後、物語の時は10年ほど進みます。たくましい船乗りに成長したジムを描いた後、様々なキャラのその後を描いています。

最後にジムは少し白髪交じりのシルバーと酒場で出会います。

そもあと酒をかけてシルバーと勝負し、ジムは負けます。老いを感じさせないシルバーの後姿をみて、ジムは男とは何かを悟り物語は幕を閉じます。

タイトルとURLをコピーしました