雲のむこう、約束の場所のあらすじとラストの結末、聖地は青森県津軽! | 宝物のような場面とストーリーたち

雲のむこう、約束の場所のあらすじとラストの結末、聖地は青森県津軽!

アニメ映画「雲のむこう、約束の場所」は新海誠監督の長編アニメーションの2作目にあたり、2004年に公開されました。

タイトルにもある「雲のむこう」という言葉には、登場するキャラクターたちが目指す先に「約束の場所がある」というような、彼らの前向きな意思が込められているそうです。

作中に出てくる場所は青森県のJR津軽線沿いの施設などがモデルになっているようで、学生時代の新海監督が一人旅で感銘を受けた場所などが起用されているようです。

この記事では、映画のあらすじとラストの結末、キャラと声優を紹介しています。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

雲のむこう、約束の場所のアニメ映画のあらすじ

もしかしたらあったかもしれない、IFの世界のストーリー

日本が南北に分断され、津軽海峡に国境線が置かれていました。

エゾと呼ばれる北の島の中央にはとんでもなく高い純白の塔があり、その塔に行くため中学3年生の藤沢浩紀と白川拓也は飛行機を製造していました。

そんなある日、二人がひそかに憧れていた少女・沢渡佐由理が東京に引っ越してしまうことになり、虚無感に襲われその後飛行機づくりもやめてしまいます。

二人はそれぞれ別の道を歩み始めることになってしまいますが、3年後、佐由理が原因不明の病で眠り続けたままだということを知り、二人は再び力を合わせることになります。

佐由理の眠りと北にそびえる塔の秘密を知っていく二人、佐由理を救うのか…世界を救うのか…壮大なストーリーが始まっていきます。

雲のむこう、約束の場所のアニメ映画の結末

佐由理を救うのか、世界を救うのか、主人公の選択は

佐由理が眠り続けることで塔を制御していると知った拓也とは裏腹に浩紀は塔に連れて行けば佐由理が目覚めると考え、飛行機に乗せて連れて行こうとします。

佐由理が目覚め塔が起動すれば暴走をはじめる、でもそれをしなければ佐由理を助けることができない…

拓也は浩紀に「佐由理を救うのか、世界を救うのか」という問いを投げかけます。

一方佐由理も、夢の中で繋がった浩紀に対しての思いが目覚めにより消えてしまうことを怖く思っていて、それに反応し塔も動き始めます。

塔に着き目を覚ました佐由理はやはり浩紀への想いを忘れていて、目を覚ました佐由理と共に塔は動き始めます。

浩紀は託されたPL外殻爆弾を塔に設置し爆破します。

3人の約束の場所を自らの手で消失させた浩紀、10年後彼の隣には誰もいませんでした。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

雲のむこう、約束の場所のアニメ映画のキャラと声優

魅力的なキャラクターと演じた声優さんを紹介

・藤沢浩紀

雲のむこう、約束の場所の主人公。

佐由理が姿を消し、中学卒業後は約束の場所の塔が見えない東京の高校に進学していきます。

佐由理の影響でヴァイオリンを弾き始め、のちに再開するときには演奏もできるようになる腕前、性格は少々子供っぽいところがあります。

演じたのはDr.コトー診療所の主人公などで有名な俳優の吉岡秀隆さんです。

・白川拓也

浩紀とは対照的に大人っぽい性格をしている少年。

物理学の知識にたけていて、外部研究員として塔について研究をしています。

声を担当したのは俳優から声優、ナレーションなど様々な面で活躍している萩原聖人さんです。

・沢渡佐由理

雲のむこう、約束の場所のヒロイン。

浩紀と拓也が思いを寄せる、素直で明るい女の子です。

原因不明の睡眠障害を起こし、二人の前から姿を消してしまいます。

演じたのは南里侑香さん、ボーカリストとしても活躍しています。

タイトルとURLをコピーしました