未来日記のあらすじと最終回ラストの結末、原作漫画はえすのサカエ | MITU-Screen

未来日記のあらすじと最終回ラストの結末、原作漫画はえすのサカエ

未来日記は、えすのサカエ先生の日本の漫画作品です。メディアミックスとしてアニメ化や、「未来日記-ANOTHER:WORLD-」としてテレビドラマ化されています。

アニメは、2011年10月~2012年4月まで、チバテレなどにて全26話放送されました。

原作第1巻~最終巻までの原作通りの進行となっています。

物語の舞台となる桜見市は、神奈川県に存在するという設定が追加されており、Cパートでは原作単行本巻末のミニコーナーがアニメ化、本編と各話制作スタッフが異なる形となりました。

最終回の第26話のCパートにて「未来日記のNEXT Project」が発表され、2012年12月26日発売の「月刊少年エース」、「ビッグオーダー」第3巻の折込広告にて単行本付属OVA「未来日記リダイヤル」が発表され話題となりました。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

未来日記のあらすじ

殺人ゲームに巻き込まれる主人公の物語

周囲に関わらず「傍観者」でいることを望む中学2年生の天野雪輝は、見聞きした全てを携帯電話の日記に付けていました。

友人と呼べるのは、自分の空想した人物、時空王「デウス・エクス・マキナ」と彼の小間使い「ムルムル」だけです。

ある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになります。

それは空想の存在デウスの仕業でした。未来を知ることで雪輝は調子に乗ります。

しかしその後、同じように「未来日記」を持つ人間が自分を含め12人いること、そして12人による次期時空王の座をかけた殺し合いのサバイバルゲーが開かれていることを知ります。

そして、雪輝は、他の日記所有者、クラスメイトや警察官西島の協力を受けながら、この殺人ゲームに立ち向かっていくのでした。

最終回ラストの結末

未来日記の終盤は、由乃と雪輝は戦いになってしまいます。

この由乃は未来日記での戦いが行われた2回目の由乃でした。

ところが、雪輝は自分を殺そうとした2周目の由乃と3周目の由乃も助けようと動き出します。

雪輝は由乃以外を望めば何でも手に入る世界へと捕まってしまいます。

しかし、由乃を愛していると気付いている雪輝は3周目の世界へ戻ることができたのです。

そして2周目の由乃を助けるために雪輝は自分の命を捧げますが、雪輝を殺せない由乃は自殺という道を選んだのでした。

雪輝は2周目の神となります。

そして、由乃が自殺したことによって2周目の世界と3周目の世界が分かれてしまいます。

その結果、3周目の世界の由乃はいつも通りの生活を送ることになったのでした。

dアニメストア

未来日記のキャラと声優

争い合う12人の未来日記所有者達

物語は時空王に選ばれた12人の未来日記の所有者同士のサバイバルゲームです。

各人物には序数がつけられており、作中で所有者同士が互いを呼ぶ場合その序数や「○番目の所有者」などと表現されています。

■天野 雪輝(あまの ゆきてる) – 1st

声優:富樫美鈴
※所有未来日記:無差別日記、本作の主人公。

■我妻 由乃(がさい ゆの) – 2nd

声優:村田知沙
※所有未来日記:雪輝日記、本作のヒロイン。

■火山 高夫(ひやま たかお) – 3rd

声優:土門仁
※所有未来日記:殺人日記

■来須 圭悟(くるす けいご) – 4th

声優:田中正彦
※所有未来日記:捜査日記

他にも数多くのキャラクター達が作品を盛り上げています。

初回31日間無料

未来日記の原作漫画の作者

エース&ネクスト新人漫画賞奨励賞受賞者

未来日記の原作漫画の作者、えすのサカエ先生は、日本の漫画家で男性です。

2001年、「鉄道天使」で第11回エース&ネクスト新人漫画賞奨励賞を受賞します。

その後、2004年に「月刊少年エース」(角川書店)で開始した「花子と寓話のテラー」で連載デビューを果たします。

代表作は「未来日記」、「ビッグオーダー」などです。

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました