ショーシャンクの空に、あらすじと、ラストの結末、実話のモデルは? | 宝物のような場面とストーリーたち

ショーシャンクの空に、あらすじと、ラストの結末、実話のモデルは?

ショーシャンクの空にの映画は、何度も観たいヒューマンドラマの金字塔ですね。

スティーブン・キング原作で、「グリーンマイル」や「エルム街の悪夢3」などの作成に携わったフランク・ダラボンが監督を務め作成されたアメリカ映画です。

冤罪で服役することになってしまった元銀行副頭取のアンディが刑務所で起した奇跡のヒューマンドラマが、当時世界中で多くの感動を生み出したそうです。

この記事では、あらすじとキャスト、ストーリーのヒントになった人物の紹介をしています。

ぜひ動画配信でじっくりと観ていただきたい名作だと思います。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

ショーシャンクの空にのあらすじ

転落しても彼は彼のまま

銀行の出世頭のアンディは妻の浮気に悩まされていましたが、突然何者かに妻とその愛人が殺害されると言う事件が発生しました。

動機があったとして、アンディは無実にも関わらず逮捕され、終身刑の判決を受けてしまいました。

ショーシャンクの刑務所で、馴染めないアンディ。そんな中、彼は趣味に使うロックハンマーを調達屋レッドに頼みました。

これをきっかけに二人は仲を深めて行きます。

ある日、アンディ達は屋根の修理を請け負います。そこで監視員の遺産相続問題を解決し、報酬を他の囚人のために使用したことで信頼を得ました。

その後、アンディはいじめにより大怪我を負うものの、無事退院しました。

その後、所の税務処理と資産運用を任せるため図書係に任命されたのでした。

図書係の同僚の死を経て、アンディは自分の仕事をこなします。図書館の管理に加え、裏金の管理。

彼は所でも中枢的存在に上り詰めます。しかし、ここで彼の妻達を殺した真犯人を知る人間が入所してきたのです。

彼の話を証拠に事件の真相を所長に訴えます。しかし、所の悪事を知るアンディを簡単に解放するはずもなく、逆に懲罰房に入れられてしまいました。

一ヶ月後、懲罰帽を出たアンディは、真実を知る入所者が、脱獄の罪で射殺された事を知ります。

それから、どこか様子が変なアンディは、心配するレッドに意味深な伝言を残します。

石垣の根元にある黒耀石の下に何かが埋まっていると言いました。

ラストの結末

レッドは、アンディのことを心配します。

みんな自殺を心配しましたが、朝になっても、アンディが部屋から出て来なかったのです。

部屋のポスターを破ると、そこには大きな穴が空いていました。その穴からアンディは脱獄したのでした。

アンディは所長の不正な金を手に入れ、刑務所での殺人の証拠を新聞に送りつけます。

それによって、刑務主任が殺人容疑で逮捕され、所長は拳銃自殺してしまいました。

それから数年、40年の刑期を迎えたレッドは、仮釈放されます。

不安と迷いの中、自殺も考えたレッドでしたが、そんな時にレッドはあることを思い出します。

そして、バクストンの牧草地の、石垣の根元の黒耀石を見つけ、その下を掘るのです。そこから出てきた金属の缶のなかに、手紙と当座の金が入っていました。

手紙は、アンディの仕事を手伝ってくれという内容でした。レッドは、希望を持つまいと思って生きてきたのですが、この時初めて「希望はすばらしい」と思うのです。

必死に生きる道を選んだレッドは、人生で2度目の罪、仮釈放違反を犯します。

フォートハンコック行きのバスに乗ったレッドは、南へ向かいます。そして、ボートを修理するアンディの姿を見つけます。アンディとレッドは笑顔で再会するのでした。

ショーシャンクの空にのキャスト

最高の映画の最高のキャスト達

アンディ役を演じたのはティム・ロビンソンです!

アメリカ出身で、宇宙戦争やトップガンなど数多の作品に出演している名俳優です。

俳優業の他にも監督や脚本なども務め、マルチに活躍しています。

次に、レッド役を演じた、言わずと知れた名俳優のモーガンフリーマンです。

ティム同様にアメリカ出身で数々の名作に出演し、アカデミー賞助演男優賞を受賞したことがあります!現在もご健在で更なる活躍が見込まれます。

そして所長役、ボブ・ガントンです。青銅星章を授与された元軍人で、デスパレートな妻達などの作品にも出演していました。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

ショーシャンクの空にの原作と実話

リアリティ?フィクション?気になるそこんところ!

先述した通り、本作はあのスティーブン・キング原作です!

一部では、これが実話であるのでは?と噂されています。

しかし、調べてみると実話ではないようです。ですが、どうやらモデルになった犯罪者はいるようです!

その事件というのは、フランク・フレッシュウォーターズという逃亡犯のもので、脱獄から56年間逃げ続けたそうです。

しかし、映画とは違い冤罪ではなく、実際に犯人であったそうで、スティーブン・キングスは着想を得た程度だと考えられています。

タイトルとURLをコピーしました