ドライブの最後ラストの結末、キッド役はライアン・ゴズリング! | MITU-Screen

ドライブの最後ラストの結末、キッド役はライアン・ゴズリング!

映画「ドライブ」はニコラス・ウィンディング・レフン監督の出世作なんですね。

映画「ラ・ラ・ランド」で一躍名をはせたライアン・ゴズリング出演の寡黙なドライバーが、活躍するバイオレンス映画です。

原作はジェイムズ・サリスの小説で、デンマーク出身の映画監督ニコラス・ウィンディング・レフンにとっては初のハリウッド映画になるそうです。カンヌ国際映画祭で監督賞の栄冠に輝きました。

この記事では、映画のあらすじとネタバレ、キャストについて紹介しています。

見応え十分の名作だと思います。

スポンサーリンク

映画ドライブのあらすじ

静と動が描かれたカーアクションだけでない映画

アメリカのある街で自動車修理工場に勤めるキッドは、類まれなるドライブスキルでカースタントや強盗の逃走を手助けするドライバーもやっていました。

修理工場社長のシャノンは、ドライバーの腕の良さを買いスタントの仕事を勧めバニーの資金援助を受けレースに参戦したい思いがありました。

ある日、駐車場で車が故障して困っていた子連れの人妻アイリーン。

偶然にも同じアパートに住んでいたことから、キッドとアイリーンは、言葉を交わし急接。

アイリーンとベニッシオと3人でドライブに出かけるまで仲良くなります。

そんな時、アイリーンの夫スタンダードが刑務所から出所。予想に反していい夫のスタンダードです。

しかし、スタンダードは、服役中に多額の用心棒代を負ったためマフィアから強盗の依頼を強要されます。

断れば家族の命が危うくなるためスタンダードは強盗をやる羽目に。逃走車の運転をキッドに託します。

キッドは「5分間は何があっても待っている」と約束し強盗はとうとう決行されたのでした。

約束の5分ギリギリで逃げ出してきたスタンダードは、店主に打たれてしまい命を落とします。

ブランチと逃走したキッドは、追ってくる謎の車を大破させ逃げ切り、逃走先のモーテルのTVで自分たちのニュース観てしまいました。

事実と違うニュースだったことから、なぜ事実と違うのかブランチを殴り真実を聞いたキッドですが。

最後ラストの結末

強盗は、スタンダードをはめる罠だったのです。

そして、ブランチも射殺されてしまいます。

キッドは盗んだ100万ドルを使い、黒幕のニ―ノに電話をかけ「金を取りに来い」と言います。

キッドはアイリーンにスタンダードが死んだ理由を告白し、一緒に別の土地で暮らそうと言います。

直後、2人の命は狙われますが、相手を殺害しますが、あまりの残虐さにアイリーンは怯えます。

マフィアの報復を恐れたバーニーは、口封じでシャノンを殺害、その死を悲しんだキッドは、ニーノを車で追跡し、追い詰めて殺害します。

キッドはアイリーンに別れの電話をかけて、「君とベニシオと過ごせたことが一番の幸せだった」と告げるのでした。

その後、バーニーの待つレストランにキッドが現れ、引き渡し場所の駐車場で、2人はナイフで刺し合いになります。

バーニーは息絶え、自らも血まみれになったキッドは、車の中に倒れ込んで目を閉じました。

その後、アイリーンはキッドの部屋のドアを叩きますが、返事はなく、キッドは1人、夜の闇の中をどこかへ走り去って行ったのでした。

映画ドライブのキャスト

アメリカのとある町の人々と裏社会

・スタント車両の運転からヤバイ逃走車両の運転までこなすドライバー、キッド:ライアン・ゴズリング
・人妻でドライバーと仲良くなるアイリーン:キャリ・マリガン。
・キッドの働く修理工場の社長シャノン:ブライアン・クライストン。
・裏社会のボス バーニ―・ローズ:アルバート・ブルックス
・刑務所帰りの夫 スタンダード・ガブリエル: オスカー・アイザック
・バニーの相棒 ニーノ: ロン・パールマン
・アイリーンの息子ベニッシオ:カーデン・レオシュ
・スタンダートが強盗するよう脅すチンピラのクック:ジェームズ・ビベリー
・強盗仲間のブランチ: クリスティーナ・ヘンドリックス
・撃たれたドライバーを治療する闇医者:ラス・タンブリン

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

映画ドライブの展開はみもの

カースタントだけじゃないアクション映画

映画ドライブは、カースタントの派手なアクションから始まりますがスタンダードが強盗を起こすまでは人妻アイリーンとベニッシオとの交流を描く静かな映画で恋愛ドラマ?と思うほどです。

しかし、スタンダードが強盗に失敗した後は、北野映画を彷彿させるバイオレンス映画に豹変。

カースタントは勿論、アクションシーンも満載なので最後まで鑑賞することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました