羊たちの沈黙の最後ラストの結末、アンソニー・ホプキンスがすごい! | MITU-Screen

羊たちの沈黙の最後ラストの結末、アンソニー・ホプキンスがすごい!

映画「羊たちの沈黙」は驚くべき連続殺人事件をテーマにした作品です。

奇怪連続殺人事件を追う若い女性FBIは囚人の元精神科医ハンニバルに話を聞くことになります。それは、連続殺人事件の犯人の心理を探るためでした。

映画は、その話を始めていくミステリー作品です。

この記事では、映画のあらすじと映画の感想、そして、キャストや原作小説について紹介しています。

小説を読むのもよし、動画配信で本作を鑑賞するもよし、いずれにせよ、感動間違いなしです。

スポンサーリンク

羊たちの沈黙のあらすじ

バッファローの心理を解析するため

舞台はアメリカ合衆国でアメリカのいたるところで年齢の若い女達が皮膚をはがされて殺される殺人が多発していました。

犯人の足取りはいまだ掴めていませんでした。

FBIになるための学校に通っていたFBIの卵のクラリス・スターリングは、ある日、BSUのクロフォードという捜査官に呼ばれます。

そしてクラリスはこの殺人事件の捜査を任されます。この事件の名をバッファロー事件と呼バレていました。

クロスフォードは刑務所にいる、凶悪犯罪を犯した人間の心理を知るべく、元々精神科医で人肉事件の犯人であるハンニバルに協力を求めたのですが、拒絶されます。

そこで、クラリスは自分の代わりに、クロスフォードを派遣し、ハンニバルに助けを求めることにします。

そして、ハンニバルがいる精神病院に向かいました。

最初はやはりクラリスの協力も拒んでいたが、クラリスの過去を教えれば、協力するとハンニバルは言うのです。

そしてクラリスは自分の過去を話し始めます。

クラリスは父が若くして亡くなり、そのまま叔父の家に預けられ、そこで羊の屠殺を目の当たりにし、それが彼女のトラウマになっているなど過去をすべてハンニバルに明かします。

最後ラストの結末

クラリスのトラウマを聞いてハンニバルは満足します。

そして、犯人が性倒錯者であることや切実な欲求が犯行の引き金になっていることを告げます。

その後、ハンニバルは警備員3人を殺して脱獄するのです。

クロフォード捜査官は精神病院で性倒錯者と診断された者のところに突入しましたが、空振りでした。

クラリスは、第1の犠牲者の周辺に犯人が潜んでいるのではないかと考え、家を突き止めて犯人を射殺して、キャサリンを助けました。

そして、クラリスの卒業式にハンニバルからお祝いの電話がかかってきたのです。

ハンニバルは「これから古い友人と食事する」といい、それは暗に友人のチルトン医師を殺害するとほのめかしていたのです。

羊たちの沈黙の感想

まずこの映画のハンニバル役のアンソニー・ホプキンスの演技は底知れぬ恐怖を漂わせる演技でした。

またこの映画はグロテスクなシーンや虫がでてきたりと、見る人を選ぶ映画だなと思いました。

クラリスの容姿はポニーテールのかわいらしい姿しています。

しかしそのクラリスが、か弱い羊が人肉殺人のハンニバルの捜査に協力したり、FBIの屈強の男たちの中で事件を紐解いていこうとするわけです。

話の流れで明らかになる、クラリスのキャスティングにも驚かされました。

羊たちの沈黙の監督とキャスト

評価の高い俳優陣達

クラリス役のジョディ・フォスター

アメリカの女優、監督、プロデューサー

羊たちの沈黙ではアカデミー主演女優賞、ゴールデングローブ賞

英国アカデミー賞の三つを受賞しました。

ハンニバル・レクター役のアンソニー・ホプキンス

イギリス出身の俳優、羊たちの沈黙出演以降は演技が高く評価されアカデミー主演男優賞、ゴールデンクローブ賞など賞を数々受賞しました。

役にのめり込み演技ができこの作品以外に数々の作品に出ています。

監督はジョナサン・デミ

アメリカの監督、プロデューサーです。

脚本家、羊たちの沈黙がとてもすごい評価を受けたため、ほかの作品に目立ちがなく一発屋だと言われたことがありました。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

羊たちの沈黙の原作小説

映画とはまた違った恐怖感

小説版は上下に分かれており、映画とほとんど登場人物やストーリー構成は一緒です。

しかし、本は本ならではの怖さや面白さがあります。

しかし原作ではハンニバルは犯罪者ではなく博士として出てきます。

タイトルとURLをコピーしました