フォレスト・ガンプの最後ラストの結末、トム・ハンクスがいい! | MITU-Screen

フォレスト・ガンプの最後ラストの結末、トム・ハンクスがいい!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』の名言、「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分らない。」

1994年公開のアメリカ映画で第67回アカデミー賞・6部門受賞を受賞しています。

この俳優の演技なくしてはこの映画は成功しなかったのではないかと思います。

何を見るって、トムハンクスのフォレストを見るのです。それしかありません。

スポンサーリンク

映画 『フォレスト・ガンプ』登場人物とキャスト

トムハンクスの魅力がたっぷり

2年連続、アカデミー・主演男優賞・受賞の名優トム・ハンクスが魅せます。

・フォレスト・ガンプ/トム・ハンクス
・ミセス・ガンプ/サリー・フィールド
・ジェニー・カラン/ロビン・ライト
・ダン・テイラー/ゲイリー・シニーズ
・バッバ・ブルー/ミケルティ・ウィリアムソン
・フォレストJr/ハーレイ・ジョエル・オスメント

映画 『フォレスト・ガンプ』あらすじ

純粋で誠実な男の話

知能は劣るけれど、純粋で誠実にアメリカの激動の時代を駆け抜ける男のサクセスストーリーです。

1950年代アラバマ州、フォレストは生まれながら背骨が湾曲しているので、脚に補助器具がなければ、歩けませんでした。

IQ75と知能も低く、特別な学校を勧められますが、ミセス・ガンプ(サリー・フィールド)は、普通の子供たちと同じ公立に入学させます。

登校初日。スクールバスでいじめられてしまうフォレストです。一人の女の子が助けてくれます。心優しいジェニーと出逢います。

フォレストはいじめっ子達から日々逃げてると、脚の補助器具も外れて走れる様になります。

そして、走りの才能が開花します。

才能を活かしたフォレスト(トム・ハンクス)は大学のアメフトで大活躍し、全米チームにも選出されます。

遂には、大統領ジョン・F・ケネディと対面しました。フォレストはその後、アメリカ軍に入隊しベトナムに派遣されます。

激しい戦闘中に、ダン・テイラー(ゲイリー・シニーズ)中尉を救うも、彼は両脚を失い、仲良くなったバッバ・ブルーは戦死しました。

収容された病院で始めた卓球が、持ち前の真面目さで上達したフォレストは、全米の卓球選手になります。

帰国したフォレストは、戦場の勇敢な行いでジョンソン大統領から議会栄誉勲章を授与され、卓球でも活躍し有名人になりました。

テレビのトーク番組でジョン・レノンとも対談をしました。反戦運動に加わっているジェニー(ロビン・ライト)と再会し、自分の想いを伝えます。

しかし、振り向いてはもらえません。

フォレストは戦死した友人のバッバとの約束、エビ漁の事業『バッバ・ガンプ・シュリンプ』を設立。ダン中尉も加わり二人で奮闘します。

ハリケーン・カルメンに襲われるも、乗り越えて事業は成功します。フォレストは『果物屋・ベンチャー企業アップル』にも投資し、さらに大金を得ます。

フォレストは得た大金の半分を、バッバの家族に渡すのです。

そんなある日…ジェニーが訪ねて来ます。ひたむきに彼女を想うフォレストは、二人で過ごします。

なのに、ジェニーはフォレストから去ってしまうのです。

傷心のフォレストは、ジェニーから貰ったナイキのシューズを履いて走り出します。人々が走るフォレストの姿に心動かされて行きます。

最後ラストの結末

フォレストは来る日も来る日もアメリカ大陸を走り続けます。

マスコミは「平和を願って走る男」と取り上げ、やがて大勢の人々を巻き込んで行きます。

しかし、走り疲れたフォレストは走るのを止めて家に戻ります。そしてテレビを見たというジェニーから手紙が届くのです。

そして近所でアパート暮らしをしているジェニーと再会を果たします。

実は、ジェニーとフォレストとの間に息子のフォレストJrが誕生していたのです。

しかしジェニーは不治の病に侵されていました。

フォレストはジェニーを故郷アラバマに連れて行き、結婚式を挙げます。

式に駆け付けたダンも婚約者ができていました。

やがてジェニーは亡くなり、フォレストはかつて一緒に過ごした思い出の木の下にジェニーを埋葬します。

そして、シングルファーザーとして我が子を育て上げる決意をしたのでした。

『人生はチョコレートの箱。開けてみるまで分らない』

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

トム・ハンクスの役に感動

純粋な心のフォレストを演じきる

トム・ハンクスの魅力を最大限にしたキャラクターです。

1979年 『血ぬられた花嫁』で映画デビュー。現在に至るまで数々の作品に出演。

コメディーから~シリアス迄、幅広い役を見事に演じる俳優です。

ハリウッドでも“良い人”役を演じるとナンバーワンと言っても過言でないと思います。

プライベートでも良い人エピソードが多いトム・ハンクス。

『フォレスト・ガンプ』のフォレスト役は、彼が持つ魅力と役柄が絶妙にマッチして、愛されるキャラクターに表現されています。

トム・ハンクス演じるフォレストの視線を通じて、1950年~アメリカの出来事を一緒に体感するナビゲーター役にもなっていると思います。

映画史上に残る愛されキャラ。トム・ハンクスの代表作と思います。

タイトルとURLをコピーしました