グッド・ウィル・ハンティングの最後ラストの結末、脚本はマット・デイモン! | MITU-Screen

グッド・ウィル・ハンティングの最後ラストの結末、脚本はマット・デイモン!

映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの概要」は1997年公開のアメリカ映画です。

心に傷を負い、誰も彼により添わず孤独になり素行が悪くなった天才少年。自分と同じ孤独になった精神科医と出会いゆっくりと心を開いて行きます。

そして、自分のやりたい道を見つけ、成長していく映画です。またこの映画は主演マッド・デイモンが無名の頃に執筆した作品ということも注目を集めた作品でもあります。

この記事では、映画のあらすじ、キャストと俳優、感想を紹介しています。

物語が進むにつれて、胸が熱くなってくる素晴らしい作品だと思います。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

グッド・ウィル・ハンティングのあらすじ

孤独の天才少年

マサチューセッツ工科大学の数学の教授のランボーはいろんな大学からきた数学科の生徒達にグラフ理論の難題を出しました。

皆は頭を抱え時間がかかっていますが、そんな中にひとりすぐにその難問を解きあてた生徒がいました。

実は、彼は学生ではなかったのです。

この大学で清掃員としてアルバイトしているウィルという名の青年でした。

そしてランボーはそんなウィルをの才能をもっと発揮させたいと思います。

ところが、ウィルの素行はいいとはいえず、鑑別所に入ってしまいます。しかしランボーは才能にあふれたウィルを逃すのはもったいないと考えて、なんとか交渉します。

交渉の結果カウンセリングを受けさすことと、ランボーのもとで数学を学ばせることを条件にウィルの身元を受けることを許可されます。

しかし、どのカウンセラーにウィルのカウンセリングを頼んでも全て拒絶されてしまいます。

最後に元々ランボーの同級生だったショーンという男に声をかけました。

彼は心理学者で妻を亡くして、日々悲しみにくれていました。

ウィルは最初ショーンの事情を知らず、ずっとからかっていますが、愛していた妻を亡くしたことなどを聞き、孤独に襲われていることをきき、ゆっくりと二人は打ち明けていきます。

最後ラストの結末

ショーンのカウンセリングの後、ウィルはまた連絡を取って良いかと聞いてきます。

しかし、ショーンは旅に出る事にしていたのです。

ウィルはショーンのカウンセリングをやり通して、もう一度人生に勝負しようと思ったのです。

ウィルの誕生日に、チャッキー達のプレゼントしてくれた車にウィルは感激し、ランボーはショーンに詫びを入れに来ます。

ショーンはそれを受け入れて彼を酒に誘います。

旅の準備を進めていたショーンのアパートに、チャッキーがプレゼントでくれたぼろぼろの車できます。

そしてショーンの家のポストに手紙を入れて走り出しました。

ウィルの手紙にはこう書かれていたのです。

「就職を断ってごめんなさい。僕には愛する彼女がいます。」

ウィルは恋人に会いに、カリフォルニアへ旅立ったのでした。

dアニメストア

グッド・ウィル・ハンティングのキャスト

無名の少年の脚本と主演

マット・デイモン

ウィル・ハンティング役のアメリカ出身の俳優です。この作品は彼が初めて主演を果たした作品で、アカデミー賞を受賞しています。

また脚本もマッド・デイモンがハーバード大学在学中に執筆作品です。脚本の部門でも賞を受賞しました。

ロビン・ウィリアムズ

ショーン・マグワイア役のアメリカの俳優です。この作品で助演男優賞を受賞しています。声優から俳優、コメディアンと幅広く活躍していました。

初回31日間無料

ウィル・ハンティングの感想

良き理解者のいる世界

青年時代の葛藤、将来に対しての悩み、恋愛、または素行が悪くなってしまい、ほかの人から距離をおかれてしまうこともあります。

しかしそんな中にも、欠点を認めてくれて、理解してくれる人がいます。また理解してくれる人がいれば人は変わってくれるのです。

この作品の登場人物は皆いい人で、見終わった後は心があったかくなる作品でした。

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました