アルゴの映画、ベン・アフレックが監督と主演、実話の真相、感想と評価 | 宝物のような場面とストーリーたち

アルゴの映画、ベン・アフレックが監督と主演、実話の真相、感想と評価

映画「アルゴ」は2012年公開、のアメリカ映画です。

1979年から1980年の在イランアメリカ大使館人質事件を題材にしています。ベン・アフレックが監督・製作・主演によって作成されました。

第85回アカデミー賞作品賞を受賞しています。

この記事では、アルゴのあらすじ、キャストと監督、実話の話、感想を紹介しています。

実話ですから、結末はわかっていても、ドキドキハラハラの連続がたまらないです。

スポンサーリンク

アルゴの映画のあらすじ

テヘランのアメリカ大使館占拠事件

アメリカ大使員人質救出の実話をもとにした、サスペンスドラマです。

イラン革命が激化し王朝を追放されたプフラヴィー元国王をアメリカが受け入れたことで、反米デモ隊がテヘランのアメリカ大使館を占拠します。

52人のアメリカ人外交官が大使館で人質に取られた一方で、6人の大使員が混乱の中なんとかその場を脱出し、カナダ大使宅に匿われていることを知ったアメリカ政府。

ベン・アフレック演じるCIA諜報員トニー・メンデスが企画した、6人を架空の映画『アルゴ』の製作スタッフとして扮装させ出国させるという大胆な作戦を実行しますが・・・・。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録

アルゴの映画のキャストと監督

見応えのある豪華俳優陣

ベン・アフレックの監督、主演2作目にして超豪華俳優が集結しました!

1979年にイランで実際に起こった事件をもとに、ベン・アフレックが監督、主演、製作を務めました。

本作はベン・アフレックの長編映画監督作品の3作目で、2作目の映画『ザ・タウン』に引き続き自ら主演も務めています。俳優としてだけでなく監督としての今後の活躍にも注目です。

共演には『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストン、『リトル・ミス・サンシャイン』のアラン・アーキン、『ビッグ・リボウスッキー』のジョン・グッドマンなど、そうそうたる大御所俳優も出演していて、それだけでも見ごたえがあります。

アルゴの映画の実話の真相

CIA自らが映画との相違点を公表

本作は実話に基づいた作品ですが、もちろん、作品にエンターテインメント性を持たせるために脚色された、事実とは異なる部分がいくつかあります。

例えば、作中ではイギリスとニュージーランドの大使館には6人の人質を匿うことを拒否されたとしていますが、実際はむしろ協力的だったようです。

脱出直後はイギリス大使館を含むいくつかの場所が彼らを保護しており、話し合いの結果、カナダ大使館がより安全だということでニュージーランド大使員が彼らの輸送を担いました。

そのほかにも、トニー・メンデスとは別にもう1人工作員を現地テヘランに向かわせていたことや、クライマックスの劇的なカーチェイスは実際には起きなかったことなどがあります。

当時は秘密裏に行われた作戦だったため、ビル・クリントン政権下の1997年にCIAが関与していたことが初めて公表され、2012年に本作が公開されたことをきっかけに、事実との相違点をCIA自らツイッターの公式アカウントで公表したことも話題になりました。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

アルゴの映画の感想と評価

細部に渡るこだわり

結末が分かっていても、特に作戦実行のシーンはハラハラさせられました。

それは恐らく、冒頭のデモ隊の様子をあえて35mmフィルムで撮影したり、1970年代の映画の撮影技法や映像を使用するなど、当時の雰囲気が忠実に再現されており、作品に緊張感と臨場感があるからだと思います。

さすが、社会派映画好きのジョージ・クルーニーのプロダクションが、脚本の段階で最初に目を付けただけあるなあと納得が行きました。実話に基づいた社会派映画を観たい方にはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました