日本映画 | ページ 3 | 宝物のような場面とストーリーたち

日本映画

日本映画

愛のむきだしの映画、ラストの結末、上映時間があまりにも長い!

「愛のむきだし」は独特の世界園子温監督作品、2009年に公開された日本映画です。 第59回ベルリン映画祭にて国際批評家連盟賞とカリガリ賞受賞しています。 キャスト全員が、親からの愛情が足りずに、どこか病んで育っています。そこに暴...
日本映画

時をかける少女の映画、原田知世の役、主題歌、監督と尾道のロケ地

大林監督の尾道三部作の一つで、1983年に公開された日本映画です。 大林監督は2020年4月に肺がんのため亡くなられました。82歳でした。 実は、最後の作品「海辺の映画館―キネマの玉手箱―」もやはり尾道を中心として撮影を行ったそ...
日本映画

かもめ食堂の映画、あらすじとラストの結末、サチエとミドリの役は誰?

「かもめ食堂」、日本映画なんですが、舞台はなんとフィンランドのヘルシンキ。 とってもハートフルな映画で、2006年に公開されています。 実は、2007年の横浜映画祭でも第5位になっているんですね。監督の萩上直子は将来期待される監...
日本映画

東京物語のあらすじとラストの結末を簡単に、紀子三部作とは?

小津監督の映画で、『晩春』『麦秋』『東京物語』の3つには共通点があるそうです。 それは、ヒロインの名前がすべて「紀子」であることから、『紀子三部作』と呼ばれているということです。 この記事では、東京物語のあらすじと、結末、そして...
日本映画

記憶にございませんのラスト結末、天海祐希と山寺宏一が出演してた?

映画「記憶にございません」は2019年9月13日に公開された日本の映画です。 興行収入はおおよそ36億4千万円となっており、公開から2週連続の首位を獲得し多くの話題を集めました。 実は、「記憶にござません」の元ネタは実業家の小佐...
日本映画

そして父になるのあらすじとラストの結末を簡単に、実話が切なすぎる

もし、一生懸命自分の子だと思っていた子が、実は血縁関係がなかったとしたら。この映画では新生児の取り違えがテーマになっています。 そして、新生児を取り違えられた2組の家族は辛い現実とどう向き合うのか、その葛藤たるや、想像することも憚れま...
日本映画

クワイエットルームのあらすじとラスト結末を簡単に、蒼井優の役は?

「クワイエットルームへようこそ」は、2007年公開の邦画作品です。 著者である松尾スズキ自身の監督で映画化されたんですね。 とても難しいテーマだとは思うんですが、精神病棟という非日常を題材にコメディ要素を交えながら、佐倉明日香の...
タイトルとURLをコピーしました