悪の教典の映画、主役の伊藤英明が鬼気迫る演技する見どころと感想 | 宝物のような場面とストーリーたち

悪の教典の映画、主役の伊藤英明が鬼気迫る演技する見どころと感想

映画「悪の教典」は裏の顔を持つ男の話です。

2012年に公開された日本映画です。

だれもが心に秘めている暴力的な心をさらけ出しているところが人気のようです。

この記事では、映画のあらすじ、キャスト、見どころと感想を紹介しています。

怖い映画が苦手な人はちょっと避けたほうがいいかなと思います。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

悪の教典のあらすじ

ただ単に怖いだけじゃない娯楽作品

明るくて、話も上手い蓮見聖司は、生徒から絶大な人気をほこる高校教師でした。

しかし本当は、人に共感することが出来ないサイコパスであるという裏の顔をもっていました。自分の目的のためなら、平気で人を殺していきます。しかも絶対に失敗しません。

いつしか周りの人間を自由にあやつり、学校を支配していきました。ある日、蓮見は、生徒を殺したところを他の生徒に見られたため、クラス全員40名を殺すことに決めます。

次々と殺されていくクラスメート。

はたして、生き残ることはできるのでしょうか?

悪の教典のキャスト

ホラー・エンターテインメント

貴志祐介の小説が原作です。

2012年に、バイオレンス・ホラー映画として公開されました。

蓮見聖司先生は伊藤英明、生徒役は二階堂ふみ、約染谷翔太、林遣都、浅香航大が演じています。

今では、だれもが知っている俳優さんばかりです。

監督は、三池崇史です。監督は、この映画について、“社会から見ると悪人である蓮見本人は、自分ではいたって普通だと思っていて、罪の意識を感じません。

無垢な笑顔が怖くもあり、笑いもあり、サスペンスでもあり、ホラーでもある。エンターテインメントなのでお酒を飲みながら観てほしい”と言っています。

あまり深く考えずに、ジェットコースターに乗っている気分で映画を楽しむといいかもしれません。

悪の教典の見どころと感想

伊藤英明怪演

主演の伊藤英明の演技が見どころです。普通に見えるな顔つきで人をどんどんと殺していく心の中の冷たさが、ぞっとさせます。

それと同時に、怖さと緊張感も伝わってきます。

三池監督が、“サイコパスをやらせるなら、アンソニーホプキンスか、伊藤英明だ”と絶賛するほどです。

小説の著者である貴志祐介さんも、伊藤英明でないと蓮見はできなかったと述べています。

映画「海猿」では多くの人を救う善人を演じ、今回は無邪気な悪人であり、キャラクターにギャップを感じます。

どんな役でもこなせる役者さんと言えるでしょう。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

悪の教典の評価

賛否両論の映画

“自分自身が映画を鑑賞しながら、イライラする気持ちをぶつけるように、脳内で人を次々に殺していくようなイメージだ”このように述べる人もいます。

ただ殺していくだけの映画だと批判する声も多いです。

確かに、未成年の子が次々と惨殺されていくシーンは、過激で“、見るに堪えません。R15+指定されているくらいですから。

この映画をAKB48のメンバーが鑑賞するイベントがあったのですが、大島優子さんは映画の途中で退席したそうです。

“次々と簡単に人を殺していくシーンは見ていられなかった。最低だった。“とコメントしています。

一方で、三池監督作品は多くのファンがいます。

衝撃的な暴力を描くスタイルで、世界中の人たちから賞賛をえているのも確かです。

だれもが心に秘めている暴力的な心を、人は隠して生きています。

でも、正直にスクリーンに映し出し、さらけ出しているところが人気なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました