まどマギTVアニメのあらすじと最終回ラストの結末、聖地は群馬! | MITU-Screen

まどマギTVアニメのあらすじと最終回ラストの結末、聖地は群馬!

TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」は2011年1月から 4月まで全12話放映されました。

その後、テレビアニメの内容を元にした漫画や小説、ゲームも作られました。

さらに、2012年には総集編、2013年には『[新編] 叛逆の物語』が公開されました。

この記事では、テレビアニメのあらすじと最終回ラストの結末、キャラと声優、舞台となった群馬県のことを紹介しています。

スポンサーリンク

魔法少女まどか☆マギカのあらすじ

キッカケは不思議な夢の世界

主人公、見滝原中学校の2年生の鹿目まどかは、家族や友達と、何事もない平和な日々を過ごしていました。

そんなある夜、巨大な怪物に壊された街で傷つきながら戦う、少女の夢を見ます。

そこにいた猫のようなウサギにも似た白い生き物、「キュゥべえ」から「僕と契約して、魔法少女になってほしい」と言われます。

次の日、夢の中に現れた少女暁美ほむらが転校生としてまどかの前に現れ、彼女から魔法少女になってはいけないと忠告を受けます。

そしてその日の放課後、まどかと親友の美樹さやかは「助けて」と呼ぶ謎の声に導かれて、キュゥべえとキュゥべえを殺そうとするほむらに出会います。

戸惑いながらもキュゥべえを助けるまどかとさやか。

しかしその直後に、不思議な空間である魔女の結界に引き込まれてしまいます。

絶体絶命のピンチを救ってくれたのは同じ見滝原中学の先輩であり魔法少女の巴マミ。

魔女と魔法少女の存在を知ったまどかたちの運命を変える物語がここから始まっていきます。

最終回ラストの結末

まどか達が戦ってきた相手の魔女の正体はなんと魔法少女でした。

実は、魔法少女のソウルジェムが汚れで染まりきった時に、魔女になってしまうのです。

魔法少女達が悪だと信じて退治してきたのは自分達の仲間の魔法少女であり、自分達もいずれはそうなってしまう運命だったのです。

さらに、キュウベエはインキュベーターという宇宙人で、キュゥべえたちは宇宙の寿命を延ばすために
魔法少女たちが希望から絶望へ転化して魔女となる時に生み出す莫大なエネルギーを利用していたのです。

また、ほむらはまどかを救うためにタイムリープを繰り返していたのでした。

そのために自分の中のまどかとの時間はどんどん積み重なっていっても、まどかにとってほむらは知り合って1ヶ月しか経っていないことになっていたのです。

と同時に、ほむらが何度もまどかのために時間遡行をしたことでまどかは最強の魔法少女、最凶の魔女となる力を持ってしまったのでした。

魔女化寸前だったほむらの元に現れたのはまどかでした。まどかは魔法少女になることを決心し、まどかが魔法少女になるかわりに叶えてもらう願いを告げます。

それは、全ての宇宙、過去も未来も含めた全ての魔女を生まれる前に消し去ることでした。

そしてまどかは人間として消滅し「円環の理」となります。

ほむらは時間を超えた概念となってしまったまどかと最後の会話をします。

まどかは今の私には、過去と未来の全てが見えていて、いくつもの時間でほむらちゃんが私のために頑張ってくれたことがわかった。あなたはわたしの最高の友達だったんだねというのでした。

そしてまどかとの最後の邂逅の別れの際に、まどかはほむらに自分の赤いリボンを渡すのでした。

最後にエピローグが映し出されます。

それは魔女とまどかのいなくなった世界で、まどかが救った後の世界でした。

魔女という存在も消え去り、同時に、人々の記憶からはまどかの記憶もなくなっていました。

しかし、ほむらだけはまどかのことを覚えていたのです。そしてまどかから貰った赤いリボンをつけていたのでした。

まどマギのキャラクターと声優

主要キャラクターと声優は?

・鹿目まどか

主人公で普通の中学2年生。

自分には何の取り柄もないと思い込み、自分に自信を持てずにいることから人々を助ける魔法少女に憧れを抱くようになります。

人を思いやる気持ちが誰よりも強い、心優しい性格の持ち主。

声優は「ソードアート・オンライン」ユウキ役などを演じている悠木碧さんです。

・暁美ほむら

まどかの夢に出てきて、まどかの学校に転校してきた魔法少女。

成績優秀でスポーツも万能、そしてクールな性格が特徴です。

何故かまどかのことをよく知っているようで、魔法少女になろうとするまどかを止めようとする謎の言動がよく見られます。

声優は「暁のヨナ」ヨナ役などを演じている斎藤千和さんです。

・巴マミ

まどかたちと同じ中学に通う先輩で、優しいお姉さん的存在のベテランの魔法少女。

先輩としてまどかや、さやかを引っ張っていくと意気込んでいましたが戦いに対する不安や孤独を感じており年相応の感情を強く抱く一面も。

声優は「物語」シリーズ、忍野扇役などを演じている水橋かおりさんです。

・美樹さやか

まどかの幼馴染で親友。まどかとは正反対で、活発で元気な性格です。

人を助けるために魔法少女になったマミに憧れており、自分もとある人を助けるために魔法少女になることを決意します。

声優は「WORKING!!」轟八千代役などを演じている喜多村英梨さんです。

・佐倉杏子

マミの縄張りを狙い、別の街からやってきたベテランの魔法少女です。

ボーイッシュで、攻撃的な性格に見えますが実は不器用で優しい一面も。

魔法は自分自身のために使う物だと考えており、正反対の考えをもつさやかと対立していましたが実は似た者同士だと気付き徐々に気にかけるようになります。

声優は「CLANNAD」伊吹風子役などを演じている野中藍さんです。

・キュゥべえ

「魔法の使者」を名乗る、インキュベーターと呼ばれる知的地球外生命体。

本作のキーキャラクターで、普通の少女を魔法少女へと変化させる契約を結ぶ役目を担っています。

キュゥべえの印象的なセリフは当時の流行語にもなりました。

声優は「らき☆すた」柊かがみ役などを演じている加藤英美里さんです。

まどマギの主題歌

アニメの世界観を歌った楽曲

オープニングテーマは「コネクト」。アニソン界でも有名なClariSが歌っています。

爽やかな曲調が印象的ですが、歌詞はアニメの内容に沿ったものになっています。

話が進むにつれてその歌詞の意味が分かっていくことから、視聴者の間では鳥肌モノだと評判が高い曲です。

エンディングテーマは「Magia」。歌はKalafina。

コネクトとは対照的でダークな雰囲気が印象的な曲です。エンディングだけではなく、戦闘シーンなどにも使われており、迫力のある曲ですよね。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

まどマギの聖地

モデルとなった場所は?

近代的で美しい風景が印象的な「見滝原」と呼ばれる街に住むまどかたち。

主な舞台は群馬県前橋市と言われていますが、モデルとなった地は東京や神奈川、埼玉など多くの場所に存在しています。

そのほか、日本らしくない街並みはドイツやドバイ、フランスやシンガポールなどといった海外もモデルにされているそうです。

架空の風景かと思っていましたが、しっかりと聖地があることに驚きです。

様々な場所にあり、全て行くとなるとハードルの高い聖地巡りとなりそうですが、ぜひ訪れてみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました