2.43 清陰高校男子バレー部TVアニメのあらすじ、聖地は福井県? | MITU-Screen

2.43 清陰高校男子バレー部TVアニメのあらすじ、聖地は福井県?

TVアニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」は、どこかヘタれな男子達のスポーツと青春ストーリーです。

2021年1月より、フジテレビのノイタミナ枠などで放送。

アニメーション制作はdavid production で、原作・壁井ユカコ、キャラクター原案・山川あいじで構成されています。

アニメ放送のコラボレーション企画として、福井県内の観光地や食べ物が登場する短編小説が特設サイトで公開されていたりします。

この記事では、アニメのあらすじ、キャラと声優、原作漫画と作者について紹介しています。

全国大会を目指す熱い男子たちから目が離せません。

スポンサーリンク

2.43 清陰高校男子バレー部のTVアニメのあらすじ

バレーで全国を目指す熱い男子達の等身大の日々

灰島公誓(はいじまきみちか)はもともと東京の強豪中学バレーチームに属していましたが、トラブルを起こし、幼少期に過ごした母方の郷里である福井県に転居します。

そこで、幼なじみだった黒羽祐仁(くろはねゆに)と再会します。

ずば抜けた身体能力を持っているにも関わらず、すぐにプレッシャーに負けてしまう黒羽と、バレーへの情熱は誰にも負けないものを持ち、合わせて才能もあるのに、周囲とうまくやていくことが苦手な灰島。

その二人が、はエースコンビとして成長していくのです。

中学時代の最後の県大会で2人は衝突してしまい、絶縁したまま地元にある清陰高校に進学します。

清陰高校の男子バレー部には身長163cmの熱血主将の小田伸一郎(おだしんいちろう)と、秀才で毒舌な副主将・青木操(あおきみさお)の3年生コンビや日光アレルギーの棺野秋人(かんのあきと)、バレー初心者の大隈優介(おおくまゆうすけ)などが待っていました。

緑豊かな山々と青空に囲まれた福井を舞台に、弱小男子バレー部が全国大会を目指しながら熱く躍動する青春ストーリーが展開します。

2.43 清陰高校男子バレー部のTVアニメのキャラと声優

福井の空気も意識した声優とキャラのコラボレーション

・灰島公誓

清陰高校1年生で、ポジションはセッターです。

寝ても覚めてもバレーのことばかり考えていて、東京のバレー強豪中学に通っていましたが、あるトラブルから不登校になり地元福井に戻ってきました。

声優担当は小野賢章(おのけんしょう)です。

声優の花澤香菜と結婚しており、主な出演作はアニメ「黒子のバスケ」の黒子テツヤ役などがあります。

・黒羽祐仁

清陰高校の1年生で、ポジションはウイングスパイカーです。

福井県の紋代町の地主の一人息子です。

幼なじみだった灰原との再会を機に本格的にバレーを始めます。

声優担当は榎木淳弥(えのきじゅんや)です。

アニメ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の館脇正太郎役や、「八男って、それはないでしょう!」のヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター役も担当しています。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

2.43 清陰高校男子バレー部のTVアニメの原作漫画

ファンなら嬉しいコミカライズ!漫画家は?

「2.43 清陰高校男子バレー部」の著者は壁井ユカコで、装画は山川あいじが担当しています。

集英社文庫より発刊されていて、ユニチカコンビが再会する中学編から高校編までと、代表決定戦編、春高編と第三作があります。

漫画版は装画担当の漫画家・山川あいじがコミカライズしていて、集英社の『Cocohana』で2018年より連載されました。

繊細で柔らかい雰囲気の作画が特徴で、人物描写が美しく、アニメの魅力を惹き出しています。

タイトルとURLをコピーしました