えんとつ町のプペルの映画のあらすじとラストの結末、絵本との違い | 宝物のような場面とストーリーたち

えんとつ町のプペルの映画のあらすじとラストの結末、絵本との違い

2019年の時点で累計発行部数40万部を突破した、超大人気絵本が原作となった映画です。

原作はかの有名な、にしのあきひろ(西野亮廣)さん、なんと森や人などの絵はそれぞれ違ったイラストレーターが担当しており、35人もの作家たちなどを西野さんが面接で選んだそうです。

とてもこだわりぬかれて作られた作品だと言えそうですね。

この記事では、あらすじと、絵本からわかるラストの部分、絵本との違いを紹介しています。

スポンサーリンク

えんとつ町のプペルのあらすじと結末

奇跡の出会い

厚い煙に覆われた「えんとつ町」。

そんな町の住民は青空や輝く星の存在すら知りませんでした。

この町でたった一人だけ、紙芝居を通して輝く星を語っていたブルーノという男性がいました。

しかし1年前、彼は突然消えてしまったのです。

そんなブルーノの息子のルビッチは、父と同様に星を信じ続けていました。

そのことから、町の人たちからは嘘つきだと言われて、一人ぼっちになってしまったのです。

そしてハロウィンの夜、ルビッチはゴミから生まれたゴミ人間プペルと出会い、二人は友達になります。

そして二人の間に次々と起こる奇跡。

プペルは大量の風船を膨らませて船に結び、ルビッチを空へ連れて行き、そこでえんとつ町を覆っている煙を抜けて、星を見せるのです。

ルビッチはプペルにお礼を言って、友達で良かったと言うと、プペルは恥ずかしそうに鼻の下を指で擦るのです。

その仕草を見て、ルビッチはプペルの正体に気づくのです。

なぜなら、その仕草は、父親がする仕草だったのです。

えんとつ町のプペルのキャラと声優

ルビッチやプペルの声優は?

・ルビッチ

父の教えを信じて、星を信じ続けている少年。

現在はお母さんと二人暮らしで、えんとつそうじ屋の仕事をして暮らしています。

声優は映画「星の子」で主演を務めた、人気女優の芦田愛菜さんです。

・プペル

ゴミ山から生まれたゴミ人間。

ハロウィンの夜にルビッチと出会い、プペルと名前を付けてもらいます。

声優は大河ドラマ「平清盛」の主演にも抜擢され、多くの作品に出演されている俳優の窪田正孝さんです。

・ブルーノ

いなくなってしまったルビッチのお父さん。

ルビッチに信じる勇気を与えてくれた人物です。

声優は落語家の立川志の輔さんです。

何と立川さんは、ブルーノのモデルになった方だそうです。

・ローラ

ルビッチと二人で暮らしているお母さん。

ルビッチのことを信じている、とても優しい女性です。

声優は女優からバラエティーなどマルチに活躍されている小池栄子さんです。

えんとつ町のプペルの絵本との違いは?

絵本を見ていなくても楽しめる

作者の西野さん曰く、元々は全10章まであるとても長い作品だったそうです。

先にその一部を描き、その後映画化をしたかったのだというのです。

待望の映画化で、絵本では描かれていない細かいシーンなども多く描かれていると西野さん本人も仰っています。

絵本を読んだ方にも、もちろん楽しめる物語ですが、読んでない方にも楽しんで頂けるストーリーとなっているということです。

タイトルとURLをコピーしました