名探偵コナン・から紅の恋歌のあらすじ、ラストの結末、見どころと評価 | MITU-Screen

名探偵コナン・から紅の恋歌のあらすじ、ラストの結末、見どころと評価

アニメ映画「️名探偵コナン・から紅の恋歌」は2017年4月に劇場公開されました。

劇場版「名探偵コナン」シリーズの第21作目になり、千年の時を超え、哀しき真実が解き明かされます!

監督は清野孔文で、脚本は推理作家の大倉崇裕、大阪や京都を舞台とし、百人一首が絡む事件にコナン達が挑みます。

この記事では、アニメのあらすじ、ラストの結末、見どころと評価を紹介しています。

スポンサーリンク

️名探偵コナン から紅の恋歌のあらすじ

恋の歌が生んだ悲劇を暴くのは…⁉︎

京都・東山のある屋敷で、百人一首の団体「皐月会」の会員である矢島俊弥が何者かに日本刀で撲殺されました。

同じ日の午後、コナンと蘭、少年探偵団の一行が、皐月会の会長である阿知波研介と対談することになっている小五郎に同行していました。

皐月会が主催の「高校生皐月杯」が行われる予定で、コナン達は服部平次や遠山和葉と合流します。

対談はテレビ局で行われる予定となっていて、そのテレビ局で平次は大岡紅葉という女性と出会います。

紅葉は百人一首の高校生チャンピオンで平次を自分の婚約者だと言い出しました。

そんな時テレビ局に突如、爆弾を仕掛けたという犯行声明が届きます。

慌てて外に逃げ出す人々。

しかし和葉の友人である未来子が大事な百人一首が取り残されていると、局内に引き返してしまい…⁉︎

️名探偵コナン から紅の恋歌のラストの結末

復讐に血塗られた哀しき〈哀歌〉…。

カルタ大会当日。

テレビ局爆破事件はまだ解決に至っておらず、特訓を重ねてきた和葉は決勝まで勝ち残り紅葉と対決することに。

決勝戦は会場から離れた建物で行われることが決まっていて、和葉、紅葉と読み手の研介だけが入りました。

その時、建物が爆発してしまいます。

事件の真犯人は皐月会の会長である研介だったのです。

実は研介の妻である皐月が昔、名頃という(名頃会」というカルタ会の代表と勝負をした際に、彼の圧倒的な強さに恐怖を覚え、思わず殺してしまったのでした。

妻の罪を隠す為に、会場に放置されている名頃の死体を隠蔽するためにも建物を爆破しようとしていたのでした。

コナンと平次の活躍により、建物から和葉たちをなんとか避難させることができます。

コナン達が東京に戻る日、紅葉が平次に想いを伝えにきます。

しかし平次は幼い頃の約束は紅葉の勘違いだと言うのでした。

紅葉は諦めないと言いながらもその場を立ち去っていきました。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

️名探偵コナン から紅の恋歌の見どころと評価

時を超えた恋の歌が解き明かすミステリー

今作は建物の爆発シーンや燃え盛るビルからの救出するアクションシーンが凝りに凝っていて目が離せません!

阿笠博士の発明アイテムも救出の際の重要なポイントになり、今回は平次をかけた恋愛模様も見どころのひとつとなっています。

紅葉に平次くんは自分の婚約者だと告げられた和葉との競技カルタでの勝負シーンなど、和葉の平次に対する熱い想いを感じ取ることもできます。

そして今回はアニメ声優初挑戦の宮川大輔と吉岡里帆が登場します!

2人が演じるのは競技カルタ会「皐月会」に所属する関根康史と牧本未来子です。

2人の声を想像しながらアニメを観ると2倍楽しめそうですよね!

タイトルとURLをコピーしました