虹色ほたる 永遠の夏休みのあらすじ、ラストの結末、見どころと評価 | MITU-Screen

虹色ほたる 永遠の夏休みのあらすじ、ラストの結末、見どころと評価

アニメ映画「虹色ほたる 永遠の夏休み」は2012年5月より公開されました。

原作は川口雅幸著作の小説になります。

ファンタジーな世界に、心の底から暖かくなる作品ですね。

この記事では、アニメのあらすじとラストの結末、見どころと評価を紹介しています。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

虹色ほたる 永遠の夏休みのあらすじ

もう一つの夏休み

一年前に、父親を交通事故で亡くしてしまった主人公のユウタ。

ある日ユウタは父との思い出の場所である、山奥のダムへ初めて出掛けたときに、不思議なおじいさんと遭遇しました。

ダムで虫取りをしていたところ、急な土砂降りに襲われてユウタは足を滑らせてしまい、意識を失ってしまいます。

意識を取り戻したユウタの前には、見知らぬ少女のさえ子と、ダムで沈んだはずの村があって…?

その夜、あの不思議なおじいさんが再び現れて、ユウタは1970年代にタイムスリップしたことを知らされます。

そして、短い夏休みをこの村で過ごすことになったユウタの特別な夏の物語が始まるのでした。

dアニメストア

虹色ほたる 永遠の夏休みのラストの結末

過去から現実へ

村で日々を過ごし、さえ子の隣の家に住むケンゾーとも仲良くなり、すっかり村に馴染んだユウタ。

しかしそんなある日、さえ子が布団の中で泣いているところを偶然見つけてしまいます。

なんとさえ子はこの村の子ではないというのです。

さえ子は兄と一緒に、この村に蛍を見に来ていた帰り道にユウタの父が起こしたバイク事故に巻き込まれ、兄を亡くしていたのです。

その後、ユウタはさえ子とケンゾーと共に花火を見に行きますが、さえ子が倒れてしまいます。

その時、あの不思議なおじいさんが現れて、さえ子は兄のいる天国へ行きたがっていることを知らされます。

現実の世界のさえ子自身も事故にあっており、重体で入院しているのでした。

そして、楽しみにしていた祭りの日がやってきます。

3人で祭りに出かけますが、さえ子が途中でいなくなってしまいます。

さえ子を見つけ出したユウタと、ユウタの生きてほしいという強い願いに心を動かされたさえ子はまた一緒に蛍を見ようと言って、現実の世界へ戻っていくのでした。

夏の終わりが近づいてきた頃、ユウタもケンゾーたちに見送られて村から帰ることとなりました。

それから月日が流れて、成長したユウタは蛍ラリーというイベントに参加します。

そのイベントの主催者は、大人になったケンゾーでした。

そこには目の見えないさえ子の姿もありました。

あのおじいさんにより記憶を消されていた二人ですが、ユウタは蛍を見せてあげようとさえ子の手をひいた瞬間、あの夏の記憶が蘇ったのです。

そしてさえ子は、約束を覚えていてくれたことを感謝するのでした。

初回31日間無料

虹色ほたる 永遠の夏休みの見どころ

懐かしさを感じるファンタジー映画

1970年代の田舎の夏の風景の美しさが一番の見どころだと思います。

現代にはないような、昭和の懐かしい描写。街並みや祭り、そして近所の人たちなど…。

当時の記憶が蘇ってくる方もいるのではないでしょうか。

そして、なくなってしまう村で過ごす夏の1ヶ月。

そんな、限られた日にちをどう過ごすのか。

ユウタの想いや、ストーリーに注目して観てみてください。

虹色ほたる 永遠の夏休みの評価

懐かしさを楽しむ

子供よりも大人の方の視聴者が多く、昭和の街並みがとても美しく描かれているとの感想が多く見られました。

まるで、自分のユウタと一緒にタイムスリップしたかのような気持ちになれてしまいます。

そして、大人になった自分も夏休みの気分を味わうことができ、懐かしいだけではなくどこか少し切ない雰囲気も感じられる、温かい作品です。

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました