ボーン・アイデンティティーのラストの結末、マット・デイモンが最高! | MITU-Screen

ボーン・アイデンティティーのラストの結末、マット・デイモンが最高!

映画「ボーン・アイデンティティー」は スパイアクション映画ボーンシリーズの記念すべき1作目です。

続編は『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』、『ボーン・レガシー』、『ジェイソン・ボーンと4作品あります。

監督は、ダグ・リーマン(米 ニューヨーク出身)です。

代表作は「Mr.&Mrs. スミス 」(2005)、「ジャンパー 」(2008)。ボーン・スプレマシー(2004)とボーン・アルティメイタム(2007)には、製作総指揮として参加しています。

この記事では、映画のあらすじと最後ラストの結末、キャストを紹介しています。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

ボーンアイデンティティーのあらすじ

俺はいったい何者だ!?

マルセイユ沖で操業中の漁船に救助された男は、銃で撃たれていました。

船医に、傷の手当をされた際に皮膚の下に入れられていたミクロカプセルが発見されます。

ミクロカプセルは、スイス・チューリッヒの銀行口座を示しています。

記憶が失われた男は、自分が何者かわからないことからスイスの銀行を目指します。

銀行の貸金庫からは、パリに住む「ジェイソン・ボーン」と記名されたアメリカ合衆国パスポートと偽造パスポート。

そして、多量の現金に拳銃が出てきました。

はたして男は何者なのか?

知るために訪れたアメリカ領事館で海兵隊員に追われ、領事館から脱出します。

領事館の外で出会ったマリーは、現金がないことを知っていた男は、1万ドル支払うから彼女のミニで、パリへ向かいます。はたしてその先にあるのは、、、。

ラストの結末

ボーンはマリーの元彼のイーモンの別荘に一晩だけ泊めさせてもらいました。

しかしそこにも工作員は襲撃をしかけてきたのです。

そして、相手はトレッドストーン計画の仲間だとわかります。

そこで、マリーにはイーモンと一緒に行くよう説得して、ボーンは工作員の携帯からコンクリンにダイヤルします。

そして、マリーは足手まといになるから始末したと言って、パリに1人で来るようと要求しますが、警戒されて、1人では来なかったので、コンクリンの車に発信機を取り付けました。

それで、アジトに侵入したボーンは一気にコンクリンに会い、トレッドストーンとは何か、と銃を突きつけるのです。

ボーンはコンクリンに、もう終わりにしたい、ボーンは死んだと報告しろと要求します。

ところが、コンクリンが無線機を持っていたため、ボーンは包囲していた工作員を全員始末してアジトを出て行きます。

そして、アボットの部下の工作員はボーンではなくコンクリンを始末します。

アボットはアジトを閉鎖して去ります。そして、トレッドストーンは終了します。

その後、ボーンはマリーを見付け、2人は再会を喜び、抱き合うのでした。

dアニメストア

ボーンアイデンティティーのキャスト

ジェイソン・ボーンを取り巻く人々

マット・デイモン

記憶喪失となったCIAエージェント ジェイソン・ボーン

フランカ・ポテンテ

ジェイソン・ボーンを助けることになる マリー・クルーツ

クリス・クーパー

ボーンの上司 アレクサンダー・コンクリン

ブライアン・コックス

CIAの幹部 ワード・アボット

ジュリア・スタイルズ ニコレット

ニパリ駐在のCIA職員 コレット“ニッキー”・パーソンズ

初回31日間無料

ボーンアイデンティティーのみどころ

アクションシーンが凄い!

記憶を無くした元暗殺者が、自分自身を取り戻すために追っ手を次々に倒してゆくアクション。

やはり、スパイ映画にはスリルとサスペンスそしてアクションのスパイスは欠かせません。

ロバート・ラドラムのベストセラー小説をあますことなく映画化した「ボーンアイデンティティー」は見応えある作品です。

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました