言の葉の庭のあらすじとラストの結末、秦基博の主題歌は大江千里の歌 | MITU-Screen

言の葉の庭のあらすじとラストの結末、秦基博の主題歌は大江千里の歌

アニメ映画「言の葉の庭」は2013年5月に公開され、興行収入は1億円を超えました。

とてもきれいな映像と、演者さんたちの圧倒的なお芝居力で非常に人気な作品となっています。46分という見やすい時間での内容というのも評価されています。

監督は新海誠、5作目のアニメーション映画です。

この記事では、アニメ映画のあらすじとラストの結末、キャラと声優、主題歌を紹介しています。

とても美しい映像が心に残る素晴らしい作品だと思います。

スポンサーリンク

「言の葉の庭」あらすじ

雨の中で出会った少年と、年上の女性との物語

靴職人を目指している高校1年生の少年・タカオ。

彼は雨の日の1時間目の授業はサボり、庭園で靴のデザインを考えることが日課になっていました。

そんなある日、タカオは昼間からビールを飲んでいる女性・ユキノに出会います。

どこかで会ったことがあるかと聞くタカオに、万葉集の短歌である「鳴る神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか きみを留める」という言葉を呟き去ってしまうユキノ・

こうして雨の日の午前中だけの2人の交流が始まっていきます……

ラストの結末

夏休みは雨が少なく、彼女とは会えなかったのですが、二学期に入って、タカオは廊下を歩いている彼女と会います。

そして、友人からユキノが自分の通う学校の古文の教師であることや、生徒達から虐めにあっていたことを知らされます。

学校に来られなくなっていたことを知り、タカオは首謀者の女生徒に会いに行って、彼女を殴ります。

しかし、彼女の友人の男性達から返り討ちにあっってしまいます。

その後、タカオはいつもの公園に向かい、途中でユキノを見つけ、声をかけます。

突然の大雨に見舞われ、二人はユキノのマンションに向かい、洋服が乾く間にタカオが食事を作り楽しい時間を過ごし、今が一番幸せだと感じます。

そこで、タカオはユキノに告白します。しかしユキノは先生という立場があるからと、四国に帰ることを告げます。

自分の気持ちを受け止めてもらえなかったタカオは、部屋を出て行来ますが、ユキノは追いかけます。

タカオもユキノも本音をぶつけますが、、ユキノは学校に行こうと思ったが恐かった、と言います。

その後、ユキノは四国に帰りました。

思えば、二人は歩く練習をしていたのでした。

キャラクターと声優さん

大人気声優の2人によるダブル主人公!!

・タカオ/秋月 孝雄

(CV 入野自由)
本作の主人公で、靴職人を目指している高校1年生です。

年齢よりも少し大人びた性格をしており、料理を得意としています。

雨の日に出会ったユキノに心を寄せています。

声優:入野自由(いりのみゆ)
ジャンクション所属 主な出演作は千と千尋の神隠し/ハク役 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない/じんたん役など

・ユキノ/雪野 百香里

(CV 花澤香菜)
本作のヒロインで、雨の日に庭園で出会う謎めいた女性。

以前はタカオの通う学校で古文の先生をしていました。

味覚障害を持っており、チョコレートとお酒の味以外分からなくなっています。

声優:花澤香菜(はなざわかな)
大沢事務所所属 主な出演作はダンガンロンパ3/七海千秋役 魔女の旅々/フラン役など

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

「言の葉の庭」監督と主題歌

監督は‛君の名は′で有名なあの方!

今作の言の葉の庭は君の名は・天気の子で人気を博している新海誠さんの5作目のアニメーション映画となっています。

4作目までの新海監督作品とは異なり、音楽や原画はこれまでのチームとは別の方が作られています。

圧倒的な映像美を見せてくれている新海誠作品ですが、今作は全編通して「雨」がキーワードになっていて、ほとんどのシーン雨が描かれています。

憂鬱になってしまう雨というものを少しづつ明るく描いているので、見ごたえもばっちりです。

主題歌はシンガーソングライターである大江千里さんのカバー曲「Rain」をアニメや映画の主題歌などでおなじみの秦 基博さんが歌っています。

綺麗な歌声が今作とぴったりマッチしており、神秘的な余韻を引き出してくれています。

アニメ映画としては少し短めの46分間という映画なので、隙間時間にさくっとみられるのもおすすめの一つです!

ただ移動中に見ると涙が止まらなくて大変なことになるのでお気を付けください。

タイトルとURLをコピーしました