パリ、テキサスのあらすじとラストの結末、音楽はライ・クーダー! | MITU-Screen

パリ、テキサスのあらすじとラストの結末、音楽はライ・クーダー!

映画『パリ、テキサス』は1984年に製作された西ドイツ・フランスの合作映画です。

再会と別れを描いたロード・ムービーで、『パリ、テキサス』はテキサス州パリスの意味です。

テキサスを一人で放浪していた男とその妻子との再会と別れを描いています。

1984年、第37回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞しました。

原作は脚本のサム・シェパードによるエッセイ『モーテル・クロニクルズ』でした。

監督のヴェンダースがシェパードに依頼、L・M・キット・カーソンが翻案しシェパードが脚色しました。

この記事では、映画のあらすじとラストの結末、キャストと監督、主題歌のライクーダーを紹介しています。

スポンサーリンク

映画のあらすじ

子供との再会

ある日、ウォルトは4年前に妻子のもとから失踪した兄のトラヴィスが、テキサスの砂漠で行き倒れていたという連絡を受けました。

ウォルトが目を離すと逃げ出そうとするトラヴィスでしたが、なんとか彼をレンタカーに乗せ、妻とトラヴィスの息子が待つカリフォルニア州ロサンゼルスへと連れて行きました。

当初は全く喋ろうとしないトラヴィスでしたが、やがて自分がテキサス州のパリスへ行こうとしていたことを明かし、「パリスに土地を買ってある」と言いました。

ロサンゼルスで息子のハンターと再会したトラヴィスは、ある日、ウォルトの妻で義理の妹に当たるアンから、ヒューストンにいる妻のジェーンからハンター宛に毎月送金があることを教えられました。

トラヴィスはジェーンを探すために中古車を買い、ハンターを連れてヒューストンへ向かいました…。

ラストの結末

ヒューストンの銀行から出てきたジェーンらしき人物が乗った赤い車を二人は追い、不思議な建物に辿り着きます。

そして、ハンターを車に残してトラヴィスが建物の中に入ると、そこはキー・ホール・クラブでした。

個室からはブースの中の女の姿が見えるマジック・ミラーになっていました。

トラヴィスはジェーンを指名して部屋に入りますが、ジェーンが話しかけると、トラヴィスは何も告げずに出て行きます。

翌日、トラヴィスはもう一度ジェーンに会う決心をし、ハンターに別れを告げてキー・ホール・クラブへ行きます。

そして、再びジェーンを呼んで、トラヴィスは自分の気持ちを語ります。

やがて、姿が見えなくてもそれがトラヴィスであるとわかったジェーンも、涙ながらに自分の気持ちを語ります。

最後にハンターのいるホテルのルーム・ナンバーを告げて、トラヴィスは去ります。

ホテルで一人でいたハンターの前にジェーンが現われます。そして二人が寄りそう影を部屋の窓に見て、トラヴィスは車でその場を去っていきました。

監督とキャスト

・ヴィム・ヴェンダース

生年月日:1945年8月14日 出身地:ドイツ/デュッセルドルフ

本作品の監督を務めたのはヴィム・ヴェンダースです。

ミュンヘン大学在学中に何本か短編映画を作り、卒業時に「都会の夏」を製作しました。

その後ニコラス・レイ監督のアシスタントを務め、「ゴールキーパーの不安」「まわり道」などを製作しました。

77年の「アメリカの友人」がヒットし、彼を評価したコッポラにより「ハメット」の監督に抜擢されました。

ですが、ハリウッドのやり方やコッポラと方針が合わず、作品は失敗しました。

84年の本作品「パリ・テキサス」にてロードムービーを代表する映像作家として評価され、87年の「ベルリン・天使の詩」で独特の世界観を確立しました。

他に、「夢の涯てまでも」「時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!」「エンド・オブ・バイオレンス」などがあります。

私生活では、ソルヴェーグ・ドマルタンを含む5人と離婚しています。

ハリー・ディーン・スタントン

生年月日:1926年7月14日- 2017年9月15日 出身地:アメリカ/ケンタッキー州

兄のトラヴィスを演じたのはハリー・ディーン・スタントンです。

ケンタッキー州アーヴィン出身でした。父親は床屋のオーナー兼タバコ農業を営み、母親は美容師でした。

第二次大戦中は海軍で調理師をしていました。

ケンタッキー大学でジャーナリズムを学んだ後、パサデナ・プレイハウスで演技を学びました。パサデナではダナ・アンドリュースらと同期でした。

1956年にヘンリー・フォンダ出演の『間違えられた男』の小さな役で映画デビューを果たしました。その後、西部劇などの作品へ「ディーン・スタントン」名義で出演します。

1958年から『ガン・スモーク』などのテレビドラマにも出演して、経験を積んで行きました。

脇役が多い中、1984年に本作品では主役を演じました。

1994年には日米合作の『刺青 BLUE TIGER』へ出演して仲村トオルと共演しました。

トム・ハンクス主演の『グリーンマイル』や、ジョニー・デップが声の出演を果たしたアニメ映画『ランゴ』、アーノルド・シュワルツェネッガーの俳優復帰作『ラストスタンド』へも出演しました。

出演作品は映画とテレビを合わせ100本以上にのぼり、中でもカルト的な作品やインディーズ映画などでの評価が高いです。

これまでデヴィッド・リンチ、ヴィム・ヴェンダース、ジョン・ミリアスなどの名監督作品へ出演しました。

また音楽活動もしており、「The Harry Dean Stanton Band」というバンドで歌とギターを担当していました。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

音楽と評価

人生の転機

ヴェンダースは本作で初めて音楽家ライ・クーダーと組み、以降の監督作『エンド・オブ・バイオレンス』、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』でもクーダーを起用しました。

もともとライ・クーダーの楽曲は国境沿いの田舎町や港町、太平洋の島、南米や沖縄と、世界中を旅することで制作されてきました。

しかし彼のアルバムは全て合わせても数十万枚しか売れず、彼の家族は生活ができず、音楽の旅を止めざるえなくなりました。

そんな折、人生の転機が訪れます。それは映画音楽との出会いでした。彼には映画の雰囲気を読み取って、音に変換する才能があったのです。

「 ボーダー 」「 ストリート・オブ・ファイアー 」「パリ・テキサス」「クロスロード」「ブルーシティ」「ジョニー・ハンサム」などの映画音楽を手がけました。

どん底だったライ・クーダーは完全に復活しました。

本作品で使われた楽曲「パリ・テキサス」は、昔から彼が好きだったブラインド・ウィリージョンソンの「Dark Was Night」という古いメキシコ民謡をアレンジして制作されました。

荒野の地平線まで続く一本道、華やかだけど、どこか寂しいモーテルのネオンの風景とライ・クーダーのけだるいギターがとてもマッチしています。

美しいテキサスの風景の中、砂漠を歩く主人公の不安な心境をスライドギターで巧みに表現していますね。

ライ・クーダーがこの曲で使っているギターはハーモニー製の古いオール・マホガニーのギターで、なんとニューメキシコ州の民家の地下室で発見したものだそうです。

この曲の収録にかけた時間はわずか45分だったそうです。すごいですね。

映画の感想

家族の絆とは

なんだか子供がかわいそうなお話でしたね。両親の間には色々あったのでしょうが、子供を産んだのならばまず父親として、母親としての責任を持って頑張るべきでは、と思ってしまいました。

とはいえ親も人間なので色々と挫けてしまうこともあるとは思うのですが、この二人は健康で働ける状態なわけですし、子供のためにちょっと冷静になってみた方がいいですね。

子供はとても可愛くて、父親と母親がいなくなってしまい、叔父叔母に育てられていたのにも関わらず、特に歪んで育つこともなく、賢くていい子だなぁと思いました。

ずっと会っていなかった父親と一緒に母親を探しに行ったり、母親と最後抱き合ったりと、やはり本物のお父さんとお母さんがいいんだなぁと思い感動しました。

なんだかんだ言って家族の絆はなかなか切れないものということも感じられ、心が温まりました。

最後また父親は旅立ってしまいますが、いつか戻って来て欲しいと思いました。

タイトルとURLをコピーしました