ヱヴァンゲリヲン:Qのあらすじ、ラストの結末、見どころと評価 | MITU-Screen

ヱヴァンゲリヲン:Qのあらすじ、ラストの結末、見どころと評価

アニメ映画「新劇場版 エヴァンゲリオン:Q」は新劇場版シリーズの第3作目に当たります。

1995年にテレビアニメが放送され、現代でも年齢問わず愛されている作品となっています。

巨大な人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった14歳の少年少女たちと、謎の敵使徒との決戦を描いているSFアニメ作品です。

この記事はアニメ映画のあらすじとラストの結末、見どころと評価を紹介しています。

スポンサーリンク

エヴァンゲリオン「Q」あらすじ

新たな設定とストーリーで再構築!

前作のニアサードインパクトを起こした事件から14年後の舞台、主人公である碇シンジと綾波レイの2人を取り込んだエヴァの初号機はNERVの手によって封印されてしまっていました。

旧NERVのメンバーである葛城ミサト・赤木リツコらは反NERV組織であるヴィレを立ち上げ、そのメンバーであるアスカ、マリの両名に奪還作戦を命じます。

奪還に成功し、体が拘束された状態で目覚めはシンジはミサトたちと再会します。

周囲の冷たい態度に戸惑いながらも、あの決戦の日から14年経っていることを知らされます。

しかし一緒に初号機に取り込まれたはずのレイの姿はどこにもなく、今後エヴァには乗らないでほしいと告げられてしまい……!?

エヴァンゲリオンQラストの結末

キーワードはカセットテープ

カヲルとも徐々に仲良くなっていくシンジに告げられたのは、14年前にシンジが起こしたニアサードインパクトが原因で一面が荒廃してしまったという真実でした。

周りの目が冷たいものになっていたのもそのことが原因でした。

唯一心のよりどころとなっていたカヲルも、使徒との戦いの中で自身を犠牲にして無くなってしまいます。

自分の罪を償うように最後槍を抜きますが、そのことは父親である碇ゲンドウによって仕組まれたものでした。

フォースインパクトをかろうじて止めたものの、心のよりどころであったカヲルを亡くし、償う手段も失ってしまいました。

マリの手によって脱出したシンジは、その後アスカ達に合流し、物語が終了となります。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

エヴァQ見どころと評価

賛否両論だけど面白い!

見ている側も何もわからない状態で始まっているので、シンジと一緒に浦島太郎のような気持にさせることが出来てうまい、などと映画評論家からは言葉をもらったりしています。

また、ストーリー展開の速さや目まぐるしく変わる情景などでストーリーがごちゃごちゃになってしまう印象があるかもしれませんが、ゆっくりとみれば要点はつかめてくるかと思います。

また今回見どころになってくるのはそれぞれのキャラクターの存在です。

最後の結末は絶望的なものになりましたが、初号機に唯一残っていたカセットテープと、シンジ・アスカ・レイが揃ったことが次作への布石になっているのではないかと思わせてくれます。

次作は2021年の1月に放映が決まっているので、今のうちに前作含めて予習しておくことをお勧めします!

次作が新劇場版の集大成となる作品なので、ファンからの期待値も非常に高まっています。この機会にぜひ拝見してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました