ペルセポリスのアニメ映画の最後ラストの結末、実話がもとで共感! | MITU-Screen

ペルセポリスのアニメ映画の最後ラストの結末、実話がもとで共感!

アニメ映画「ペルセポリス」は2007年12月に日本で公開された、フランスのアニメ映画です。

マルジャン・サトラピの半自伝的バンド・デシネ『ペルセポリス』を原作にして、長編アニメが製作されました。

この記事では、アニメのあらすじとラストの結末、実話を基にしている見どころを紹介しています。

スポンサーリンク

ペルセポリスのアニメ映画のあらすじ

変わる生活

1978年、テヘランに住む9歳のマルジは、家族と自由気ままに生活していました。

しかしそんなある日、イラン革命によりイスラム共和国が誕生します。

反政府主義者として拘置されていた叔父のアヌーシュも解放されて、マルジは様々なことを教えてもらいますが、またも叔父は逮捕されてしまいます。

そしてマルジは学校や社会で問題行動を起こすようになり、心配した両親はマルジをウィーンへと留学させることになり…?

際の、ラストの結末

テヘランの街は休戦の直前に空爆にあっていました。

ウィーンにいるマルジに友達や家族が会いに来て大学に行くことを勧めますが、マルジは引きこもっていました。

戦争で片手と片足をなくした大好きな幼馴染のことを見ていられなかったのです。

その後マルジはうつ病を発症してしまいます。

そして、薬を大量に飲み自殺をしようとしました。

しかし、死んではいけないと神様に叱られてとどまります。

神様に叱られた後、マルジは大学に通い始めて、そこで出会った男の子と恋に落ちます。

しかし、女性に対するあたりがさらに厳しくなり恋人と外で会うこともできなくなってしまったことからマルジは結婚の道を選びます。

しかし結婚から1年後、マルジは夫への愛情を無くして離婚をし、フランスへ行くことになりました。

フランスへ行く前に祖母と旅行をし、祖父のお墓と叔父の刑務所があった場所を訪れました。

「今のイランはあなたのいる場所じゃない」とフランスに送りだしてくれた祖母は、その後まもなく亡くなってしまいます。

そしてオルリー空港からタクシーに乗ったマルジは行き先を「イランへ」と答えるのでした。

ペルセポリスのアニメ映画のキャラと声優

注目を浴びた豪華な声優

マルジ

主人公であるマルジの声優は、フランスなどで大活躍しているキアラ・マストロヤンニが担当しています。

マルジの母親

そしてマルジの母親の声優は、彼女の実の母親であるフランスの有名な女優、カトリーヌ・ドヌーヴが担当しています。

マルジの祖母

キーパーソンとなる、マルジの祖母にはダニエル・ダリュー、叔父はフランソワ・ジェロームが担当しており、豪華なキャスト陣も話題となりました。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

ペルセポリスのアニメ映画の見どころ

注目ポイントは?

2007年のカンヌ国際映画祭で受賞した審査員賞を始めとして多くの賞を受賞している本作。

現在では珍しくなっている白黒の映像も魅力の一つです。

マルジという女性の成長を描き、女性特有の悩みや葛藤なども繊細に描かれています。

また、本作は実話を元に作られていることもあり、よりリアリティに感じられるのかもしれません。

彼女なりに悩んで成長していく様子に、共感すること間違いなしの作品です。

タイトルとURLをコピーしました