記憶にございませんのラスト結末、天海祐希と山寺宏一が出演してた? | 宝物のような場面とストーリーたち

記憶にございませんのラスト結末、天海祐希と山寺宏一が出演してた?

映画「記憶にございません」は2019年9月13日に公開された日本の映画です。

興行収入はおおよそ36億4千万円となっており、公開から2週連続の首位を獲得し多くの話題を集めました。

実は、「記憶にござません」の元ネタは実業家の小佐野賢治がロッキード事件にて答弁の際に発言をしたことで有名になったワードなんですね。

というわけで、それ以降から政治家の間で不都合なことがあった時に使われるようになり、そのワードに感銘を受けた三谷幸喜がパロディとして仕上げたものがこの映画出そうです。

この記事では、映画『記憶にございません」のあらすじや豪華キャスト、監督のこと、口コミ情報、そして、僕自身の感想も紹介しています。

ぜひ、この一発逆転コメディを動画配信で見て欲しいなと思いました。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

記憶にございませんのキャスト

登場する豪華キャスト

監督

三谷幸喜

主要キャスト

中井貴一・・・黒田啓介 役
ディーンフジオカ・・・井坂 役
石田ゆり子・・・黒田聡子 役
小池栄子・・・番場のぞみ 役
斎藤由貴・・・寿賀さん 役
吉田羊・・・山西あかね 役
田中圭・・・大関平太郎 役
寺島進・・・南条実 役
浜田龍臣・・・黒田篤彦 役

記憶にござませんのあらすじ

物語の紹介

ある日東京都内の病院で目を覚ました男。

なんと一切の記憶を喪失していたのです。

何が起きているのか理解ができないまま、男は病院を抜け出すのですが、病院を出てテレビを見ていると、なんとそこに映っていたのは自分の姿だったのです。

あろうことか自分自身が嫌われ者の内閣総理大臣であることを知った男を待ち受けていたのは、演説中に傍聴者から投石を受け病院に直行した事実でした。

さらに秘書官を名乗る人間から告げられた言葉はなんと自身が記憶喪失状態であることを国民に伏せておくという内容だったのです。

そんな中で、アメリカから大統領が来日します。

記憶を失った状態での日米首脳会談をどのように乗り切れというのでしょうか。

ところが、筋を通す総理にいつしか大統領も心を開きます。

さらに、家庭の不和を産んだ自分の不倫のこと、さらには妻の不倫と、追い詰められる中で心お入れ替えて頑張ろうとする総理に、周りも心を動かされていきます。

実は、いつの間にか、記憶は戻っていたのに、戻っていないふりをしていたのです。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

記憶にござませんに出ていた有名人の話

まさかの出演

映画が放映されてすぐに話題になったことがあります。

それは、エンドロールにかなりの有名人が出ていて、それは映画のキャストには現れていなかったのです。

そんなちょい役に出ているなんて、まさかの話で話題になったのです。

それは、天海祐希さんと山寺宏一さん。

物語の冒頭で記憶を失った総理がたまたま入った定食屋でテレビが映ります。

画面で、キャスターの近藤ボニータ(有働由美子)が総理のニュースを伝えていました。

そして中井貴一が店主と会話しているときに、テレビで流れていたのは、ドラマスペシャル「おんな西郷」の番宣。

そこに映っているの西郷隆盛に扮装した天海祐希さんで、「おいに任せてくいやい」と台詞まで言います。

そして、そのナレーションをしゃべっているのが山寺宏一さんだったのです。

まさかの話ですが、こういったことを堂々とやってのけるのが三谷幸喜さんの凄いところですね。

自身の感想

個人的な感想としては口コミサイトで見かけた多数の評価と重複するところがありますが、率直に面白いという感想を持ちました。

笑えるところが分かり易く、大人から子供まで老若男女が楽しめる映画だと思いました。

子供と一緒に鑑賞すると気まずくなるような場面も特に無く、映画を見た後でも話題にできるような楽しい内容だったので個人的にもおすすめの映画だと感じました。

また個人的感想としては、三谷幸喜監督の作品の中でも上位にランクインする面白さだと感じました。

肩の力を抜いて楽な気持ちで鑑賞ができる観る価値のある映画なので是非鑑賞して見てください。

タイトルとURLをコピーしました