映画きっと、うまくいくのあらすじとラストの結末、最高の娯楽作品! | 宝物のような場面とストーリーたち

映画きっと、うまくいくのあらすじとラストの結末、最高の娯楽作品!

みなさん、インド映画にダンスがつきものだということ、どれくらいご存知ですか。この映画を見れば納得するでしょう。

ダンス無くしてインド映画ではない!とも言われ、ほとんどのインド映画は3時間程あるんですね。

しかしストーリーはとっても単純で、ほとんどがダンスがらみの娯楽映画が多いそうです。

この記事では、そんなインド映画の要素をたっぷりと盛り込んだ、超娯楽作品のあらすじ、ダンスがないとダメな訳などを紹介しています。

ぜひ、たっぷりとインド映画の真髄に浸って見てくださいね。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

きっとうまくいく、のあらすじとラストの結末

ミュージカルを見続けているようなもの

インド映画の醍醐味であるダンスは豪華な衣装を着た多くのダンサーが曲にあわせて踊るというミュージカル要素が必ず含まれています。

ランチョーは、自由人の発明家、名門ICEの主席でした。

いつも騒動を起こして、爆笑の嵐を起こしていました。

しかし、ある日学生のジョイが自殺してしまい、ランチョーは競争主義と効率化によるものだと悲観したために学長から目の敵にされます。

ある日、成績が二位のチャトゥルが、10年後にどちらがより成功しているかの勝負を持ちかけたので、ランチョーは「優秀なら、成功はついてくる」と答えます。

卒業近くの豪雨の夜、学長の娘が産気づきます。非常事態の中、ランチョーは卓球台でお産して、掃除機で吸引して赤ん坊を助けます。

その時、ランチョーと学長は、和解しました。しかし、ランチョーは、卒業式を最後に友たちの前から姿を消してしまいます。

実は、彼には秘密があったのです。

10年後に、ファルハーンとラージューはとうとうランチョーの居所を突き止めたのですが、そこにいるランチョーは見知らぬ別人だったのです。

大学にいたランチョーは、実は大金持ちの息子の替え玉で、使用人の息子だったのです。成績の良かったその子を息子の替え玉にして、名門ICEへ入学して、卒業証書を置いて姿を消すように言われていたのでした。

チャトゥルは大会社の副社長となっていました。自分の方が成功しただろうと思ったのに、実際、かつてランチョーと名乗っていた人物は、チャトゥルの商談相手でもあり、400もの特許を持つ天才科学者だったのです。

彼は、本名で活躍していたのでした。

きっとうまくいくの監督とキャスト

監督、キャストともたくさんの賞を受賞

まず監督はラージクマール・ヒラーニ、彼はインドの映画監督の中の巨匠です。

彼はインド国内でたくさんの賞を受賞しています。

またこの作品に関してはインド国外でリメイクされるなど、国外での人気もとてもすごいです。

「サンジュ」という作品は彼の監督した映画中で一番興行収入高い作品となっています。

キャストに関しては主人公の一人であるランチョー役のアーミル・カーン。

彼はとても努力家で役作りがとても素晴らしいです。

例を挙げるとこの作品に携わっているとき、彼は44歳でした。

しかし大学生役を演じるため筋肉をそぎ落とす、などといった作品に対する熱意、役者としての態度が作品を見ていてもしみじみと感じ取れます。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

きっとうまくいくの音楽とダンス

音楽とダンスも人気の理由

インド映画は先ほどもいったように音楽とダンスが必ず劇中にあります。

インドではダンスがない映画は映画ではないといわれるほどです。

なのでインド映画の音楽とダンスのクオリティはかなり高いです。

特にこの映画の音楽とダンスはたくさんのいい評価を受けています。

この映画のメイン曲”all lzz Well”言語はわからなくても映画に引き込んでくる曲となっています。

YouTubeではこの曲が一億再生を超えています、映画をみたあとも何度も聞きたくなる中毒性があります。

この曲のダンスにシャワールームの男達のダンスをしている場面があります。

彼らの楽しそうなダンスはインド映画独特のおもしろさがあります。

水をかけられながら、笛を吹いてダンスを楽しそうに踊っているインド映画ならではのおもしろさがあります。

なのでもし今インド映画に興味があって、何からみたらいいかわからないならまずこの映画をに見てください!

タイトルとURLをコピーしました