コクリコ坂からのアニメ映画、横浜の舞台と旗の意味、その時代背景は? | 映画はいつもそこにあった

コクリコ坂からのアニメ映画、横浜の舞台と旗の意味、その時代背景は?

スポンサーリンク

ジブリ作品「コクリコ坂から」は2011年7月16に公開されたジブリ映画です。 監督は宮崎駿の息子である宮崎吾朗なんですね。 海の父は船乗りでしたが、行方不明になってしまいました。母はアメリカで仕事をしています。娘の海はその母の代わりに、下宿屋の「コクリコ荘」を切り盛りしました。 妹や弟の世話もしつつ、高校に通っています。海のあだ名はメル、これはフランス語のラ・メールから来ています。 この記事では、映画のあらすじ、キャラと声優、舞台となった横浜の聖地を紹介しています。 どこまでも懐かしい、古き良き日本の風景が広がります。 Amazonプライムに登録、無料で動画見放題、音楽もショッピングもお得にAmazonプライムに登録すれば動画が無料で見放題に Amazonプライムが人気のわけ Amazonプライムって一体どういうサービスなのでしょうか。 何となく、いろんなことが得になるみたいだけど、会費も必要だし、と二の足を踏ん...bowiechikyu.jp2020.09.24 コクリコ坂からのあらすじ

生徒たちの思いは通じるのか

海は弟妹、祖母と、お手伝いのおばさん、下宿している数人の女性たちと賑やかに暮らしています。

1963年の横浜、いつもの朝が始まります。誰よりも早く起き、布団を押入れにしまってそのあと服を着替えて、髪を結います。

台所に降りて、明かりをつけ、釜のご飯に火をつけ、庭に出て、旗を上げます。その旗は父の帰りを待つためでした。

その頃、海の通う高校では、文化部の部室塔になっている歴史ある建物である「カルチェラタン」が取り壊しになるということで、学生たちの反対運動が起こります。

高校3年の風間俊は、「週刊カルチェラタン」という新聞を発行しています。

あるとき、ふとしたきっかけから海は風間の手助けをすることになります。

しかし、ある時2人には出生の秘密があるということを、風間が知る事になります。

彼らの「カルチェラタン」を守る戦いの結末、二人の恋の行方はどうなるのでしょうか。

U-NEXTに登録、無料で動画見放題、アニメにドラマ、映画も!
U-NEXTに登録すれば動画が無料で見放題に 動画配信サービスU-NEXTが人気のわけ U-NEXTは有線放送を行なっているUSENがGyaOを始め、それが現行のU-NEXTというブランドになったものです。 U-NEXTは、見...
スポンサーリンク

コクリコ坂からのキャラと声優

有名な俳優が演じる

・松崎海/長澤まさみ

物語の主人公です。

メルというあだ名は、海をフランス語で”ラ・メール”ということから来ています。

長澤まさみは『世界の中心で、愛をさけぶ』、『モテキ』、2015年の『海街Diary』といった作品に出演しています。

声優としても、『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』でエミちゃん役、『君の名は。』で、奥寺ミキ役で出演しています。

・風間俊/岡田准一

海たちの先輩です。

新聞部の部長、学校新聞「週間カルチェラタン」の編集長です。

岡田准一は、アイドルグループV6のメンバー。

声優としては映画『サンダーバード』で、五男アラン・トレーシー役、『ゲド戦記』では主人公の少年役をしています。

・松崎花/竹下景子

海たちの祖母です。

コクリコ荘の離れに住んでいます。

声優は女優、竹下景子でジブリ作品には多数出演しています。

「借りぐらしのアリエッティ』では屋敷の主人である貞子役、『風立ちぬ』では、主人公である堀越二郎の母役を演じています。

・松崎空/白石晴香

海の妹で高校一年生の女の子です。

声優は白石春香、テレビアニメ『ガラスの仮面ですが』で姫川亜弓役を演じています。

テレビアニメ『干物妹!うまるちゃん』では本場切絵役を演じています。

・松崎陸/小林翼

松崎家の末弟。

小林翼は『ハリー・ポッターと謎のプリンス』でトム・マールヴォロ・リドルの学生時代の声を演じています。

・松崎良子/風吹ジュン

海たちの母親でです。

アメリカで大学の助教授をしています。

夫・雄一郎との結婚は、両親に反対されて駆け落ちまでしました。

風吹ジュンは『海街diary』で二ノ宮さち子役、『そして父になる』で母親役を演じています。

ジブリ作品では、『ゲド戦記』でテナーの声を演じました。

dTVに登録、無料で動画見放題、アニメにドラマ、映画も!
dTVに登録すれば動画が無料で見放題に 動画配信サービス「dTV」が人気のわけ ドコモの携帯持ってないけど大丈夫? 確かに、dTVはNTTドコモが提供している動画配信サービスです。 エイベックス通信放送というドコモとavex...

コクリコ坂からの聖地は横浜

横浜の見慣れた風景も!

『コクリコ坂から』の舞台は、1963(昭和38)年の港町・横浜。

映画では、当時の山下公園や桜木町駅などが登場します。

タイトルの「コクリコ坂」は、海からコクリコ荘に続く坂道という設定ですが、海から港の見える丘公園に続く坂道である、谷戸坂とチドリ坂はどちらも「コクリコ坂」のイメージにピッタリです。

橋の下を線路が走っていて、市電がトンネルに入るのが見える場所は山手公園の近くの桜道沿いで、現在は、JR根岸線が走っています。

映画の途中で、桜木町駅から、山下公園の端から端まで歩くシーンでは、桜木町駅前や、横浜税関、氷川丸、ホテル ニューグランド、横浜マリンタワーといった風景が現れます。

『コクリコ荘』という下宿屋は、「和洋折衷住宅」の元病院という設定ですが、根岸なつかし公園にある旧柳下邸がモデルだとか。

高台にあって、レトロな建物が、『コクリコ荘』の雰囲気にぴったりです。

U-NEXTに登録、無料で動画見放題、アニメにドラマ、映画も!
U-NEXTに登録すれば動画が無料で見放題に 動画配信サービスU-NEXTが人気のわけ U-NEXTは有線放送を行なっているUSENがGyaOを始め、それが現行のU-NEXTというブランドになったものです。 U-NEXTは、見...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました