ライオンキングの映画、ナラの声優はビヨンセ、日本語吹き替えは誰? | 宝物のような場面とストーリーたち

ライオンキングの映画、ナラの声優はビヨンセ、日本語吹き替えは誰?

何処までも実写に近いアニメーション映画、それがライオンキングです。

この超実写版ライオンキングは、史上最も成功したアニメーション映画だと言われています。

この『ライオンキング』は2019年に公開されましたが、実は、1994年公開の、ディズニー長編アニメーション映画の『ライオン・キング』をフルCGでリメイクした作品なんです。

ライオンキングシリーズ生誕25周年の記念作品で、興行収入も全世界で16億5600万ドルを記録しました。

これは、2019年公開作では『アベンジャーズ/エンドゲーム』に次ぐ2位を記録したということです。

この記事では、そんな超実写版ライオンキングを盛り上げる声優、吹き替え声優、さらに、あまりにも有名になった主題歌について紹介しています。

これを読んだら、ぜひ、動画配信で、大きな音量で楽しんでください。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

超実写版ライオンキングのあらすじ

将来の王、シンバの誕生

アフリカのサバンナを守る偉大なる王、ライオンのムファサが息子シンバを授かり、王国の動物たちが誕生の儀式に集まってきました。

動物たちは、祈祷師ラフィキが皆の前にささげた子ライオン、将来の王であるシンバに対し、深くこうべを垂れました。

ですが、自分が王になれないことに不満を募らせるムファサの弟スカーだけは、シンバの誕生を良く思っていませんでした。

そして自分が王になるために悪事を企んでいましたが、ムファサとシンバは全く気がつかず、事件に巻き込まれてしまいます…。

キャラと声優

ナラ役はビヨンセ

2017年、主人公のシンバ役はドナルド・グローヴァー、父親のムファサ役をジェームズ・アール・ジョーンズが1994年の『ライオン・キング』で演じた役を再び演じました。

スカー役はキウェテル・イジョフォー、ナラ役をビヨンセ・ノウルズ=カーター、ティモン役、プンヴァ役はビリー・エイチュナー、セス・ローゲンがそれぞれ演じました。

ザズー役はジョン・オリバーが、サラビ役とラフィキ役をアルフレ・ウッダード、ジョン・カニ(英語版)がそれぞれ演じました。

ナラ役をビヨンセが演じるというのは…、ぴったり過ぎですね。ナイスキャスティングだと思いました。ワイルドで美しい彼女はライオンの后役がよく似合います。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

映画の日本ご吹き替えも豪華

個性的な声優陣が大勢参加

シンバ役は賀来賢人、ムファサ役は大和田伸也、スカー役は江口洋介、ティモン役は亜生(ミキ)、プンバァ役は佐藤二朗、ナラ役は門山葉子が演じました。

やはりそれぞれキャラクターの個性に合っている人が選ばれていますね。

素晴らしい映画の主題歌

壮大で心に響く楽曲

この映画の主題歌は何曲かあると言われています。

・Circle of life〜サークル・オブ・ライフ

その中でも代表的な曲は、ライオン・キングの公式ソングである「Circle of life〜サークル・オブ・ライフ」です。

冒頭部分のメロディは有名で、あらゆる場所で聞いたことがある気がします。

この曲はエルトン・ジョンとティム・ライスが作曲を手がけました。とても壮大で、この映画の雰囲気にぴったりです。心の奥まで響く曲ですね。

・Can You Feel the Love Tonight〜愛を感じて

次に、原作でも大人気だった曲は「 Can You Feel the Love Tonight〜愛を感じて」です。

海外の有名シンガーのビヨンセと、ドナルド・グローヴァーがボーカルを務めており、名曲と話題になっています。

美しいフルートの音色から始まる郷愁的なサウンドに、素晴らしいボーカル。聴く人の耳に馴染むように、原曲の空気感をちゃんと残してアレンジされています。

なんだか陽気な気持ちになれる曲もあります。

「I Just Can’t Wait to Be King(王様になるのが待ちきれない)」と「Hakuna Matata(ハクナ・マタタ)」です。

サバンナの空気を感じさせるような吹物や打楽器を使っていて、元気の出るサウンドです。聴いていると楽しくなって踊りたくなって来ます。

・Spirit

エンドロールに流れる曲は、ビヨンセによってアレンジされた
「Spirit」です。

「Circle of life〜サークル・オブ・ライフ」となんとなく壮大な雰囲気が似ていて、とても素敵な曲です。ビヨンセの力強い歌声も曲の世界観とマッチしていて素晴らしいです。

タイトルとURLをコピーしました