長ぐつをはいたネコのアニメ映画、プスとダンプティの吹き替え声優は誰? | MITU-Screen

長ぐつをはいたネコのアニメ映画、プスとダンプティの吹き替え声優は誰?

アニメ映画「長ぐつをはいたネコ」は、あの「シュレック」のスピンオフ作品で、2011年に公開されました。

「シュレック」の制作チーム・ドリームワークス・アニメーションが手がけるアニメ映画で、「シュレック2」に登場するキャラクター・長ぐつを履いたネコを主役としています。

「シュレック2」では明かされなかったネコの名前が本作で明らかにされました。

この記事では、映画のあらすじ、キャラと吹き替え声優、感想と評価も紹介しています。

猫の活躍に心躍る、大人でも楽しめる作品です。

スポンサーリンク

長靴をはいたネコのアニメ映画のあらすじ

無実の罪で街を追放されたプスの大冒険

長ぐつをはいたネコこと捨て猫のプスは孤児院で暮らしていましたが、無実の罪で街を追われることに。

賞金首となったプスは街の酒場でミルクを注文していると、密告されて追手がやってきます。

百戦錬磨のプスは追っ手をあっという間に片付け、その酒場で魔法の豆の話を耳にします。

悪名高いジャックとジルの夫婦がその魔法の豆を手に入れたと聞き、盗みに行くプスですが…⁉︎

長ぐつをはいたネコのアニメ映画の吹き替えの声優

ちょっとギャグっぽく聞こえちゃう⁉︎

主人公のプスの吹き替えを担当したのが、日本のコメディ俳優・竹中直人(たけなかなおと)です。

数多くのドラマは映画で独特な雰囲気で役を演じるカメレオン俳優です。

プスの旧友のハンプティ・アレクサンダー・ダンプティの吹き替え担当はお笑いタレントで活躍している勝俣州和(かつまたくにかず)です。

元アイドルで、CHA-CHAのメンバーでもありました。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

長ぐつをはいたネコのアニメ映画の感想

可愛いプスに癒される人続出です!

個人的に「シュレック」を観た時に映画館で長ぐつをはいたネコが登場したシーンで、本当に胸がキューンとなりました!

あの可愛い上目遣いの顔が忘れられなかったので、今回はあのネコちゃんが主役ということでとても楽しみな作品でした。

作品は本当にアクションがあって、ハラハラドキドキするシーンがあって、時々猫らしい姿に戻ったりして笑えるシーンがあったりと、あっという間の90分でした。

大人が観ても十分楽しめますし、子供さんと一緒に観ても楽しめると思います。

長ぐつをはいたネコのアニメ映画の評価

映像の綺麗さとテンポのよさが素晴らしい!

元ディズニーのジェフリー・カッツェンバーグの思想がたっぷり詰まった「シュレック」のスピンオフアニメとなっています。

「シュレック」の作中でお尋ね者のして登場するプスですが、このアニメの中でどうしてお尋ね者になってしまったのか理由がわかるので、

シュレックを見て長ぐつをはいたネコのファンになってしまった方にはうれしい内容となっています。

ネコたちを使ったヒスパニックカルチャーを描き、踊りや音楽、恋愛感や親子愛の世界観が素晴らしい作品です。

猫好きな人だと、猫の仕草や素早さなど、実際の猫と共感できる部分をこのアニメから感じ取れるようです。

声優を担当したアントニオ・バンデラスや、サルマ・ハエック、ザック・ガリフィナーキスなど、世界で活躍する俳優人の躍動溢れる声の演出も見どころです。

タイトルとURLをコピーしました