バカとテストと召喚獣1期の最終回ラスト結末、明久と瑞希の声優は? | 宝物のような場面とストーリーたち

バカとテストと召喚獣1期の最終回ラスト結末、明久と瑞希の声優は?

テレビアニメ「バカとテストと召喚獣」はバカと美少女達による学園エクスプロージョンラブコメということになっています。

原作は井上堅二、日本のライトノベル作品です。イラストは葉賀ユイが担当しています。

ファミ通文庫にて2007年から2015年まで刊行され、2009年には「月刊少年エース」にてコミカライズが連載されました。

テレビアニメは2010年1月から3月まで第1期、2011年7月から9月に第2期が放映されました。

この記事では、アニメの1期のあらすじと最終回のラスト結末、キャラと声優を紹介しています。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

アニメ1期のあらすじと最終回

オリジナル要素&原作に忠実で視聴者を飽きさせない展開

テレビアニメ第1期は、原作とは異なるストーリーやアニメオリジナルの展開が多い印象です。

進級テストの成績で、厳しくクラス分けされる先進的な進学校「文月学園」が、本作の舞台です。

秀才が集まり、設備も整ったAクラスに対し、最底辺のFクラスの設備はボロボロのちゃぶ台や、腐った畳…。そんな悲しすぎるFクラスです。

所属の主人公、吉井明久は、訳あって同じクラスに所属となった姫路瑞希のため、学園が開発したシステムを使ったクラス争奪バトル「試験召喚戦争」に挑戦することになります。

最終回のラスト結末は?

バカとテストと召喚獣は13話で最終回になりました。

13話は12話でAクラスとの試験召喚戦争の決着がついたところから始まります。

負けたFクラスは画板とござで勉強することになります。

その日の夕ご飯の時、明久は玲姉さんに「努力と結果」について相談します。すると、玲は「一緒に添い寝するのと一緒にお風呂入るの、どちらがいい?」と答えます。

決意した明久は次の日に、学園長にAクラスとの再戦を直訴します。

Aクラスの木下優子と霧島翔子も納得していないと、3人で詰め寄り、最終的に、特例を認めることになります。

ただし、条件は明久と翔子の一騎打ちです。

そして、なんと、明久が勝利します。まるで、運だけでした。

そして、翔子は婚姻届を手に入れます。

明久の願いは、せめて瑞希だけでも良い設備で勉強してもらうこと。明久と同じクラスにいたい瑞希の本音と、明久の提案で戸惑います。

そして瑞希は再試験を受けますが、なんと、不合格になってしまいます。それが瑞希なりの明久への想いの方言だったということでした。

さらに、翔子の婚姻届は市役所に受理されませんでした。

明久は大声を上げて学園長室に飛んでいき、EDのバカ・ゴー・ホームが流れます。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

バカとテストと召喚獣のアニメキャラクター

物語を盛り上げるメンバーたち

・吉井明久  CV:下野紘

文月学園高等部年生Fクラスの生徒です。

キング・オブ・バカの代名詞とされ、観察処分者に認定されています。

性格は単純・直情的で友達や弱い者のために一生懸命になれますが、洞察力が鈍く鈍感。

・姫路瑞希  CV:原田ひとみ

成績優秀で品行方正、それでいてスタイルもいい女子です。

女性としての魅力がいっぱいですが、料理だけは絶望的だそうです。

・島田美波  CV:水橋かおり

ドイツ育ちの帰国子女。そのため日本語の読み書きが苦手です。

性格は勝気、攻撃の相手はほとんど明久です。

・坂本雄二  CV:鈴木達央

Fクラス1の不良少年。

明久の悪友にして相棒です。

・木下秀吉  CV:加藤英美里

可憐な外見のため女子に見られてしまいます。

演劇部で、演技には真剣そのもので、声真似も得意。

タイトルとURLをコピーしました