金曜ロードショーの時間が短いので、映画がカットされてしまう問題! | 宝物のような場面とストーリーたち

金曜ロードショーの時間が短いので、映画がカットされてしまう問題!

金曜ロードショーは9時から始まって、11時までと言うことになっていますが、2時間の映画が放送されることはないんですね。

コマーシャルも含めると、実際の放映時間は、90分ちょっとと言うことになるのでしょうか。

そう言うわけで、これが映画のカットシーンが生まれる原因ですね。

このカットシーンの意味は、「失われる場面」と言う意味です。

この記事では、金曜ロードショーのテレビ放映で場面が省略されてしまったいわゆるカットシーンについて書いています。

必ずカットされますから、嫌ならDVDか、動画配信で見た方がストレスがたまらない、と言う人もいるでしょう。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

テレビ放映にはつきものの場面省略

無料で見るのだから文句は無意味

金曜ロードショーは民間のテレビ放映ですから、スポンサーがついています。全国放映ですから、そのお金は莫大なものでしょう。

さらに、放映時間も限られています。他の放送番組に影響があるのは、また多大なお金に繋がります。

映画が1時間30分程度なら、ほぼ問題ないみたいですが、その長さの映画そのものがあまりないので、ほとんどの映画は間違いなく、カットされます。

話題になるカットシーン探し

大切なシーンが消えたと大騒ぎ!

映画館やDVDでその映画を何回も見た人が、テレビ番組を見ると、がっかり、と言う話はよく聞きますね。

しかし、それは仕方のないことなんです。要するに、「テレビ放映はカットされるもの」という前提で楽しまないと残念なことになります。

そんな現状の中で登場したのが、カットシーン探しと言う「遊び」。まあ、どこがカットされたかを、報告しあって遊ぶわけです。

これもまた、一つの楽しみ方と言うことでしょうか。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

金曜ロードショーのカットシーンに対する意見

思い入れのあるシーンが消えた?

最後に

カットは必然だよ

なんども言いますが、テレビ放映が無料なのは、民放ならスポンサーあっての話です。

あの時間帯で、カットしてでも放映する、と言うのがすごいことなんです。

もし、ノーカット版を見たいと言う人は、自分でお金を払って、DVDを借りるか、動画配信で見たらいいわけです。

さらに、皆がカットシーンを知っているわけでもありません。と言うより、ほとんどの人はそれにこだわることなく、楽しんでいると思います。

タイトルとURLをコピーしました