トイ・ストーリー3のあらすじと最後ラストの結末、吹き替え声優は? | MITU-Screen

トイ・ストーリー3のあらすじと最後ラストの結末、吹き替え声優は?

アニメ映画「トイストーリー3」はシリーズの3作目になります。

トイストーリーシリーズ1作目は1996年に日本で上映されました。

子供から大人までが楽しむことが出来る作品になっています。

この記事では、アニメのあらすじとラストの結末、吹き替えの声優と人気の訳を紹介しています。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

「トイストーリー3」あらすじ

子供はいずれ大人になり、おもちゃから去っていく

第一作目から10年後、アンディは17歳になっており大学進学を控えていました。

大学は寮住まいになっているため、お気に入りだったウッディだけ持っていくことにして、それ以外のおもちゃは屋根裏部屋に仕舞うことにします。

しかし手違いによりゴミに出されてしまった彼らですが、間一髪のところで抜け出すことに成功します。

直前のアンディとお母さんの会話で「ガラクタだ」と言われてしまったことにショックを受け、地元のサニーサイドという託児所に寄付される箱の中に入り込みますが……!?

ラストの結末

サニーサイドで、ひどい目にあったウッディは脱出を試みますが、失敗し、ボニーという少女に拾われます。

そこで、クマのぬいぐるみのロッツォの古い仲間だったというピエロ人形のチャックルズに会います。

そして、ロッツォが昔、持ち主の女の子に捨てられた悲しい過去があって、悪の支配者になっていると聞きます。

そこで、ウッディはみんなの救出へ向かいます。

サニーサイドでウッディはひどい扱いを受けるみんなを目撃し、それから脱出作戦を実行します。

ようやく脱出口のダストボックスのまでたどり着いた時、ロッツォがビッグ・ベビーたちを引き連れて姿を現します。

そのとき、ビッグ・ベビーが怒りを爆発させて、ロッツォをダストボックスの中へ投げ込見ます。

さらに、ウッディもロッツォの道連れにされ、それを助けようとしたみんなもゴミ収集車の中へ巻き込まれてしまいます。

そのゴミ収集車は巨大なゴミ処理場へ向かっていました。

レールの先にはゴミを粉砕するミキサーがあったのですが、なんとか、避けることに成功します。

ところが、次の巨大な焼却炉からは逃げられず、ロッツォの裏切りもあって、ウッディたちは、焼却炉へ向かう斜面を滑り落ちていくのでした。

もはやこれまでと思ったとき、天井からクレーンがおりてきてみんなを引き上げてくれます。エイリアン人形が、このピンチを救ってくれたのです。

みんなはゴミ収集車に乗ってアンディの家へ行きます。裏切り者のロッツォは作業員に拾われて、トラックの正面にくくりつけられてしまいます。

アンディがちょうど大学へ出発するとき、ウッディはみんなに別れを告げます。そして、みんなは、屋根裏行きの段ボールに入り、ウッディはそこにアンディへボニーの住所を書いたメモを残します。

アンディはボニーの家を訪ね、自分のオモチャをボニーに託します。ところが、段ボールの中にはなぜかウッディもいました。

ウッディはみんなと一緒にいる道を選び、アンディは大学へと旅立って行きます。

サニーサイドもロッツォがいなくなって、オモチャたちは幸せに暮らせるようになりました。

また、ウッディたちも仲間とともにボニーの家で楽しい日々を過ごすことができたのです。

dアニメストア

「トイストーリー3」吹替の声優さん

豪華キャストがお届け!

ウッディ

/唐沢寿明
カウボーイ人形で、アンディの小さい時からのお気に入りのおもちゃ。
CVを務めたのは俳優の唐沢寿明さん。
白い巨塔で人気を博し、テレビだけではなく舞台などもこなす実力派の俳優さんです。

バズ・ライトイヤー

/所ジョージ
ウッディの親友であり、スペースレンジャーのアクション人形。
CVは皆おなじみの所ジョージさんです。
日本人で彼のことを知らない人はいないほどの方で、現在はタレント活動を主に行っています。

ジェシー

/日下由美
カウガール人形で、ウッディの妹。
CVは日下由美さん、ディズニーランドでも各種エンターテイメントでも出演しています。

アンディ・デイビス

/小野賢章
本作のキーパーソンの人間の男の子。
CVは声優として人気の高い小野賢章さんです。現在はyoutubeなどの活動も行っており、幅広い年代層から人気の役者さんです。

初回31日間無料

「トイストーリー3」人気の秘密は?

役割を全うする尊さが人気の秘密

この作品はおもちゃたちが物語の主軸として話が進められていきますが、自分が遊んでいない時のおもちゃたちの裏側がどうなっているのかということを話の中に盛り込んでくれています。

誰しもが通ったことのある「おもちゃ」

幼いころは買ってもらったおもちゃと一緒に遊んでいることが多かったのではないでしょうか?

誰もが通ったことのあるおもちゃで遊ぶという行為、それからそこから離れて行ってしまう過程などがしっかりと描かれているからこそこの作品は人気になっていったのだと思います。

シリーズ一作目はピクサー初の長編アニメということで注目度も高く、製作費が少なかったにもかかわらず興行収入はかなりのものでした。

シリーズととおしてみている人は、3のおもちゃたちからの別れのシーンにぐっとくる人も多いのではないでしょうか。

現在4の公開も決まり、ますます人気になっていくトイストーリーシリーズ。

お子さんと一緒に見ても楽しめますし、一人で見てもグッとくるものがあるのでこの機会に見てみてはいかがでしょうか!!

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました