ダンまちのTVアニメ1期のあらすじと最終回ラストの結末、原作が傑作! | MITU-Screen

ダンまちのTVアニメ1期のあらすじと最終回ラストの結末、原作が傑作!

TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか」は2015年4月から6月まで全13話放送されました。

原作本編第5巻までの内容がアニメ化されていて、第1期が全13話、第2期が全12話、第3期が全12話放送されています。

この記事では、アニメの1期のあらすじと最終回ラストの結末、2期、3期、そして、劇場版のことを紹介しています。

スポンサーリンク

アニメのあらすじ

ベル・クラネルの成長

物語の舞台は迷宮都市と言われるオラリオです。

オラリオは『ダンジョン』と呼ばれる壮大すぎる地下迷宮が存在する巨大な都市です。

『ダンジョン』は未知との遭遇や素晴らしい名誉、それから可愛い女の子に出会える…というロマンがあるようです。

そんなダンジョンへ駆け出しの冒険者の主人公ベル・クラネルが小さな神様と出会い、ヒロインやいろんな人と出会いながら助け、立派な英雄へと成長していきます。

最終回ラストの結末

ベルたちのパーティは13階層を踏破後、タケミカヅチ・ファミリアのパーティによって15層へ落とされてしまいます。

ダンジョン中層で遭難したベルたちは、安全地帯である18階層へ逃げ込む決断をします。

ヘスティアと、アスフィ・アル・アンドロメダ、そしてリューたちはベルたちの救助に向かいます。

そして、ベルたちのパーティは18階層に到着し、ヘスティアたちとも合流します。

しかし、ロキ・ファミリアが上層へ出発した後に、ヘルメスの策略によってヘスティアがとらわれてしまいますが、ヘスティアは神威を開放することで解放されます。

ところが、神威を感じとったダンジョンが漆黒のゴライアスを生み出してしまい、そのため、ベルたちは漆黒のゴライアスに立ち向かうことになります。

そして、最終的にベルの英雄願望により漆黒のゴライアスは打倒されるのでした。

個性的なキャラクター達

演じる声優さん

・ベル・クラネル  CV:松岡禎丞

このお話の主人公。ヘスティア・ファミリアの団長で種族はヒューマンの14歳の男の子。

赤い瞳に白い髪で兎のような風貌です。女の子との出会いを求めて冒険者になったので、もちろんレベル1の駆け出しの冒険者です。ダンジョンでよく危機的状況になったりします。

主人公なのに、泣き虫なところがあります。

・ヘスティア  CV:水瀬いのり

種族が神の黒髪ツインテールの女の子でヒロインの1人です。『ロリ神』と呼ばれてはいるが人間やモンスターを超える上位の存在です。

ですがぐうたらな性格ではあるけれど周囲の信望はあります。ベルがとても好きでベルの運命を変えた存在です。

・エイナ・チュール  CV:戸松遥

種族はハーフエルフでダンジョンを運営するギルドの受付の女の子です。面倒見がとてもいいお姉さんでベルの相談も親身になって聞いてくれる優しい性格です。

・ヴェルフ・クロッゾ  CV:細谷佳正

種族がヒューマンの鍛冶師の男性。魔剣鍛冶師を輩出した貴族の末裔ですが、本人は家系や魔剣というものを嫌っています。

ベルとは魔剣ではなく自分が作ったものを気に入って装備してくれたことをきっかけに仲良くなります。

他にもたくさんのキャラが登場しており主人公が男の子なので異性の女の子のキャラクターが多いです。たくさんの魅力的な女の子がでてきます。

もちろん男性キャラもでてきますし人間や神、モンスターがでてくるので普通とは違う魅力的なキャラは必見です。

感想とついに劇場版

アニメオリジナルストーリなので必見!

この作品に出てくる神々はギリシャ神話や北欧神話などに登場する神の名前が出たりするので神話が好きな方々には「おぉ…」と思う所があります。

他にもロールプレイングゲームのようなレベルやスキルアップが数値化されたりしていて斬新な所も魅力的なお話です。

また大人気のダンまちは『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オリオンの矢』が映画になっています。

監督と美術監督は違いますがテレビアニメのスタッフが作成した作品です。

原作者様の書下ろしの物語ではありますが、原作小説にはないアニメのオリジナルストーリーとなっています。

小説にはないオリジナルストーリーですのでこれはダンまちを見たら一度は見ていただきたい作品です。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

大人気のダンまち!

第3期も放送決定

大人気のダンまちは現在第二期まで放送が終わっており映画にもなっています。

そんなダンまちは第三期放送が決定して2020年の10月から放送されました。

そして、ダンまちは外伝作品もあるのでダンまちでご興味を持っていただけたらそちらも楽しんで見ていただけると思います。

タイトルとURLをコピーしました