️ハイキュー‼︎3期の最終回の結末、体育館はカメイアリーナ仙台 | MITU-Screen

️ハイキュー‼︎3期の最終回の結末、体育館はカメイアリーナ仙台

TVアニメ「ハイキュー‼︎」3期は2016年10月から12月まで全10話で放送されました。

古舘春一の高校バレーボールを題材にした漫画が原作です。

タイトルの由来はバレーボールという意味の「排球」からで、バレーのルールを知らない人にもわかりやすくプレーの中で説明を盛り込んでいます。

「ハイキュー‼︎」3期は鳥野高校と白鳥沢学園高校の戦いが描かれています。

この記事ではアニメのあらすじと最終回ラストの結末、

スポンサーリンク

️ハイキュー‼︎TVアニメ3期のあらすじ

鳥野高校vs白鳥沢学園高校の戦い‼︎

宮城県大会で鳥野高校が青葉城西高校に勝利し決勝の切符を掴みました。

次なる対戦高校はスポーツ特待生が大勢通っている白鳥沢学園高校です。

他校からは「王者白鳥」と呼ばれ、全国で3本の指に入るスパイカーの牛島若利が居て、「最も未完成なチーム」と言われていました。

緊張を隠せない鳥野高校のプレイヤーたちは、白鳥沢学園高校との試合が開始され、牛島若利の絶対的な強さを目の当たりにして…⁉︎

最終回ラストの結末

鳥野高校がマッチポイントになるなか、牛島がスパイクを打ってこようとします。

今まではクロス側を3枚ブロックしてきた鳥野高校ですが、月島の指示でストレート側をブロックすることに。

牛島は直前でストレートからクロスに変更してスパイクを打ちました。

影山→澤村とボールを拾い東峰がアタックしますが、ブロックされ鳥野高校側のコートに跳ね返ってきます。

田中がボールを拾い影山のトスで最後は日向がスパイクを決めて鳥野高校が勝利しました。

こうして全国大会進出が決まりました。

️ハイキュー‼︎TVアニメ3期のキャラと声優

心の叫びが聞こえる!選手たちの熱き鼓動!

・日向

本作の主人公は日向翔陽(ひなたしょうよう)です。

素直で一生懸命な性格で、常人離れしたスピードと動体視力、スタミナなどを有し鳥野高校バレー部のミドルブロッカーを担っています。

声優担当は村瀬歩(むらせあゆむ)で、「オオカミ少女と黒王子」の日下部憂役や、「色づく世界の明日から」の深澤千草役などを担当しています。

・影山

本作のもう1人の主人公は日向の相棒の影山飛雄(かげやまとびお)です。

圧倒的なボールコントロール力と観察眼の持ち主。

トス回しに関してはズバ抜けたセンスを持ち周囲からは「天才」と言われるも、高い志で努力を怠りません。

声優担当は石川界人(いしかわかいと)です。

「甲鉄城のカバネリ」の瓜生役や、「僕のヒーローアカデミア」の飯田天哉役も担当しています。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

️ハイキュー‼︎TVアニメ3期の聖地

訪れるとアニメの映像が鮮やかに蘇る‼︎

「ハイキュー‼︎」の主な舞台は鳥野高校がある宮城県と岩手県になります。

またインターハイや春高予選などで登場する仙台体育館も、宮城県仙台市にあるカメイアリーナ仙台をモデルにしています。

全国大会の出場切符をかけた熱きバトルが繰り広げられた場所であり、体育館の正面入り口や観客席、廊下に至るまで忠実に再現されています。

タイトルとURLをコピーしました