ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のラストの結末 | MITU-Screen

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のラストの結末

アニメ映画「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!! 熱戦・烈戦・超激戦」は劇場版第11作目で興行収入は14億円を超えました。

ドラゴンボールZは1989年4月から1996年1月まで放送されており、全部で291話放送されていました。

烏山明原作漫画による作品で、大人気アニメ「ドラゴンボール」の続編にあたります。

この記事では、アニメ映画のあらすじとラストの結末、見所を紹介しています。

スポンサーリンク

アニメ映画のあらすじ

伝説のスーパーサイヤ人登場!?

自分の息子・悟飯のために教育パパとして厳しくされていた悟空。

そんなことは露知らず、悟飯たちはのんびりとお花見を楽しんでいました。

そんな彼らの元に宇宙船が降り立ち、中から一人のサイヤ人が現れます。彼の名前はパラガス。

彼はベジータを新惑星ベジータの王様として迎え入れるためにやってきました。

最初は興味がなかったベジータですが「スーパサイヤ人を倒せるのはあなたしかいない」という口車に乗せられ、宇宙に旅立ってしまいます。

そこに気仙人、悟飯、クリリンも巻き込まれてしまい……!?

最後ラストの結末

伝説のスーパーサイヤ人の正体が判明!

パラガスの息子・ブロリーと対峙した悟空。その戦闘力を見てブロリーが伝説のスーパーサイヤ人だと確信します。

パラガスの目的は、地球を本拠地にして善銀河を征服することだったのです。そのためには邪魔な悟飯やベジータを地球から離す必要があり、そのために宇宙に連れ出していました。

戦いの最中、瞬間移動で現れた悟空はブロリーと対峙します。

地球から悟空にエネルギーを送るピッコロたち。しかしベジータはエネルギーを送りません。その間もブロリーの攻撃を受けながら叫び続けますが、ブロリーがとどめの一撃を出そうとしてしまいます。

そこで悟空の叫びがベジータに届き、仲間のエネルギーを糧に戦闘力を引き上げます。

お互いにとどめの一撃を狙って対峙し、見事悟空の拳がブロリーに届きます!

そしてブロリーは大きなダメージを受けて爆発の中に消えていくのでした。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

見どころと評価

ブロリー初登場の映画!

サイヤ人の中でも飛びぬけて潜在能力が高いブロリー。

そんな彼が初登場したのが今回のお話でした。

この初登場と言うことで非常に人気が高いお話になっており、普段高圧的な態度を取っていたベジータがブロリーの戦闘力を目の当たりにしておびえてしまうシーンは視聴者の同情も買っていました。

このシーンは切ない気持ちになって泣いてしまう、との声も多数あり人気なシーンとなっています。

ブロリーは「もう一人の孫悟空」というイメージで作られていたので、人気の高いキャラクターの一人です。

ドラゴンボールには個性豊かなキャラクターが沢山いますので、ぜひ自分のお気に入りのキャラクターを見つけてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました