百日紅〜Miss HOKUSAI〜の最後ラストの結末、見どころは? | MITU-Screen

百日紅〜Miss HOKUSAI〜の最後ラストの結末、見どころは?

アニメ映画「百日紅〜Miss HOKUSAI〜」は2015年5月に公開されました。

2016年10月にはアメリカのニューヨークとロサンゼルスでも公開され、その後全米で公開されました。

アヌシー国際アニメーション映画祭の長編アニメーション部門で審査員賞を受賞しています。また、第19回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門・審査委員会推薦作品にも選ばれました。

原作『百日紅』は、杉浦日向子の漫画で、漫画サンデーに、1983年から1987年まで連載されました。

この記事では、アニメ映画のあらすじと最後ラストの結末、キャラと声優、見どころを紹介しています。

スポンサーリンク

百日紅〜Miss HOKUSAI〜のあらすじ

江戸で暮らす父と娘

浮世絵師のお栄は、父でありながら師匠でもある葛飾北斎と一緒に絵を描きながら暮らしていました。

江戸は今日も賑やかで平和な日常でした。

お栄は恋には不器用だと言われて落ち込んだりもしますが、絵を描くことだけは諦められません。

様々な騒動にも巻き込まれながらも毎日を過ごすお栄ですが、予測できなかった変化が訪れて…!?

最後ラストの結末

お栄の妹のお猶は、体調を崩し尼寺から実家に帰ってきました。

お栄は北斎に、お猶に顔を見せてあげてほしいと頼みますが、北斎は覚悟ができず会いに行こうとしませんでした。

そんなある日、お栄の母親は雀売りに、連れている雀を全て逃がすだけのお金を渡していました。

その様子を見ていた北斎は、気持ちを改めてお猶のお見舞いへと向かいます。

父親の顔を見ることができたお猶はとても喜びました。

その夜、北斎は朱で一枚の絵を描きました。

そして、魔除けだと言ってお栄にお猶に渡してほしいと言いました。

しかし、そんな魔除けの絵の願いは届きませんでした。

母親から「いっちゃったよ」と告げられたお栄。

北斎はお猶の目も、命も自分が奪ってしまったのかもしれないと呟きました。

その後、お栄は何回も描き直して、一枚の絵を完成させました。

その絵は、金魚の入った桶を見つめる少女の絵でした。

そして、「そちらの暮らしはどうか」とお猶に語り掛けるのでした。

百日紅〜Miss HOKUSAI〜のキャラと声優

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

お栄たちの声優は?

・お栄

23歳の浮世絵師。葛飾北斎の娘で、彼の代筆をすることもあるほどの天才です。

声を担当しているのは、女優の杏さんが担当しています。

・葛飾北斎

絵を描くこと以外には興味が無いという、天才浮世絵師。

お栄の腕前を認めてはいますが、厳しい目で見守っています。

声を担当しているのは、俳優の松重豊さんが担当しています。

・池田善次郎

北斎の家に居候をしている23歳の絵師です。無類の女好きで、いろんな女性に手を出しているとか。

声を担当しているのは、俳優の濱田岳さんです。

・歌川国直

歌川豊国門下を代表する絵師ですが、対立する北斎を尊敬し、北斎の家に遊びに来るようになります。

声を担当しているのは、俳優の高良健吾さんです。

・お猶

お栄の妹で、生まれつき目が見えません。

琵琶の練習をするために、尼寺に預けられています。

声を担当しているのは、女優の清水詩音さんです。
百日紅〜Miss HOKUSAI〜の見どころ
どんな作品なの?
葛飾北斎といえば誰もが知っている歴史上の人物ですよね。

そんな北斎の周囲の人物も共に描き、まるで江戸時代を一緒に楽しんでいるかのような作品となっています。

風景やキャラクターたちもとても優しい作画で描かれており、温かみのあるデザインも魅力的です。

現代とは少し違った江戸時代の笑いあり、涙もあるようなそんな日常系の作品です。

タイトルとURLをコピーしました