イントゥ・ザ・ワイルドのあらすじと最後ラストの結末、実話が題材! | MITU-Screen

イントゥ・ザ・ワイルドのあらすじと最後ラストの結末、実話が題材!

映画「イントゥ・ザ・ワイルド」は2007年公開のアメリカ映画です。

原作は行方不明の青年の死体がアラスカで発見された事件を描いたノンフィクション作品『荒野へ』です。

監督は俳優のショーン・ペン、第80回アカデミー賞では助演男優賞と編集賞にノミネートされました。

この記事では、映画のあらすじと最後ラストの結末、実話、キャストを紹介しています。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

映画のあらすじ

旅に出た青年

裕福な家庭に生まれ、恵まれた環境で育ったクリス・マッキャンドレスは、エモリー大学を優秀な成績で卒業しました。

両親はハーバードのロースクールに進学することを望んでいましたが、幼い頃から不和を見せつけられ、金で物を与えようとする両親に嫌気が差していたクリスは、学資預金を全額寄付し、アラスカへと旅立ちました。

身分証を捨てたクリスは名前をアレグザンダー・スーパートランプに改名し、様々な人と出会いながら旅をしました。

ヒッチハイクでヒッピーの夫婦と出会い、穀物の倉庫で働き、川を許可書なしにボートで下ってメキシコまで行きました。

再びアメリカに戻り、ヒッピー夫婦と再会し、歌を歌う少女とも交流しました。

その後、クリスが荒野でキャンプしていると、ロン・フランツという老人と出会いました。

ロンは身寄りがなく、革を彫る仕事をしながら一人暮らしをしていました。クリスはロンの仕事を手伝い、共に時間を過ごしました。

アラスカに行くというクリスに、ロンは自分の養子にならないかと言いました。クリスはアラスカから帰ってきたら話をすると言いました。

dアニメストア

最後ラストの結末

孤独な最期

アラスカに分け入ったクリスは、うち捨てられたバスを発見し、そこを拠点としました。

日記を記し、ジャック・ロンドンやトルストイ、『ドクトル・ジバゴ』を読みながら生活していましたが、段々と食料は減っていき、ヘラジカを撃つも、食べる前に虫が湧いてしまいました。

ついに限界が来て、クリスはアラスカを出て街に戻ろうとしましたが、解けた氷で川が増水し、帰ることができず閉じ込められてしまいました。

アラスカにやってきて100日以上が過ぎ、食料を探して野草を食べましたが、毒性があり苦しみます。

衰弱しきったクリスは「幸福が現実となるのはそれを誰かと分かち合った時だ」と本に書き込み、涙を流しながらバスの中で息絶えました。

初回31日間無料

実話と小説

青年が残した謎

1992年の夏、アメリカの最北部アラスカ州の荒野で、捨てられた古いバスの中、一人の若者の遺体がヘラジカのハンターによって発見されました。

若者はクリストファー・マッカンドレス、24歳でした。日記やカメラ、ソローの「ウォールデン/森の生活」など何冊かの小説も傍にありました。

クリスは東海岸の裕福な家庭で育ち、南部のエモリー大学を優秀な成績で卒業しました。その直後、2万4千ドルの貯金を全額慈善団体に寄付し、1990年のある日突然旅に出ました。

名前を変え、2年間の放浪の末に遺体が発見されるまで、両親や妹は彼が何処にいるのかも全く知らされることはありませんでした。

クリスはなぜ旅に出たのか?そしてなぜ死んだのか?という謎は全米ニュースになりました。

そこでノンフィクション作家のジョン・クラカワーが追跡取材をし、1995年に『荒野へ』を発表。大きな反響を呼びました。

印税の20%はクリス名義の奨学資金に寄付されました。

映画のキャスト

・エミール・ハーシュ

生年月日:1985年3月13日(35歳)出生地:カリフォルニア州トパンガ

カリフォルニア州トパンガにて、プロデューサーの父親と芸術家の母親の間に生まれました。姉は芸術家でした。ロサンゼルスとサンタフェ移住後に両親は離婚しました。

1990年代後半から俳優としての活動をはじめ、多数のテレビドラマに端役として出演しました。

日本でも放送された番組としては『ER緊急救命室』第6シーズンや『NYPDブルー』第6シーズンなどに出演しています。

2002年『イノセント・ボーイズ』で映画デビューを果たし、以降『ガール・ネクスト・ドア』や『ロード・オブ・ドッグタウン』などの青春映画に出演しました。

2007年に本作品『イントゥ・ザ・ワイルド』で高い評価を受け、翌年には『スピード・レーサー』の主人公に抜擢されるなど、ハリウッド期待の新星でした。

私生活では、2015年にユタ州パークシティのナイトクラブで、深夜にパラマウント・ピクチャーズのデジタル・エンターテインメント部門副社長のダニ・バーンフェルドの首を絞めた疑いで逮捕され、第3級重暴行罪で起訴されました。

映画の感想

若さ故の無謀さ

人間とはどう生きるべきか、を考えさせられる作品でした。

クリスのようにどんなに恵まれた環境にいても、心は満たされていないという人は意外と多いのではないかと思います。

きっと刺激が無い毎日に飽き飽きしていたのでしょう。敢えて荒野に旅立つことで、生きている実感を得たかったのでしょう。

なんとなく気持ちはわかる気がしますが、クリスはもっと早く引き返すべきだったなぁと思います。若さ故、なかなか大自然の危険さに気づかなかったのかなぁと思います。

残された家族の気持ちを考えると辛いですね。もうちょっと早く息子の気持ちに気がつければ良かったのかもしれません。

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました