絶園のテンペストのあらすじと最終回ラストの結末、原作漫画は? | MITU-Screen

絶園のテンペストのあらすじと最終回ラストの結末、原作漫画は?

TVアニメ「絶園のテンペスト」は、2012年に全24話が放送されました。

アニメを制作したのはボンズ、過去に「鋼の錬金術師」や「ソウルイーター」など、絶園のテンペスト同様月刊少年ガンガン原作の漫画をアニメ化した製作会社です。

「絶園のテンペスト」というタイトルからもわかるように、シェイクスピアの作品からの引用が所々にちりばめられていて、物語や登場人物を優雅に表現されています。

スポンサーリンク

絶園のテンペストのTVアニメのあらすじ

絶園のテンペストの気になるあらすじを紹介

ある日魔法使いの姫君・鎖部葉風が魔法の使えない無人島に閉じ込められました。

とある日、不破真広は妹を殺した犯人に復讐するため魔法使いと契約します。

復讐と魔法使いを中心に、様々な思いが世界を巻き込んでいきます。

最終回ラストの結末

御柱の前に立つ羽村、そして、葉風、左門、夏村は調査船を援護します。

そして、吉野は腕を撃たれて負傷します。

羽村は御柱を攻撃しますが、力が足らず反撃されます。

何かが足りない、と真広は思います。

その頃、地上では絶園の樹に異常が発生します。そして絶園の樹が光を放ち姿を変え、絶園の剣が現れました。

絶園の剣が羽村の元へ届き、羽村は御柱に絶園の剣を投げます。すると御柱が消え、樹も消え、そのあとには無数の蝶が舞いました。

それから1か月後、ふたつの樹が消えたが大きな混乱は起こらず、早河は魔法を失った鎖部一族を調査、真広を自分の後継者にと考えていました。

真広は世界を救うために大学受験から始めると言います。壊すのは一瞬だが、作るのは地味で退屈で長いんだというのです。

吉野の腕のケガも山本の治療でよくなってきていました。

そして、全部おわったら見て欲しいと言われていた愛花からのメッセージ、それは、愛花が死ぬ直前にふたりへの感謝を述べ、自分の死を悲しまないようにと言っている映像だったのです。

そして、はじまりは終わり、終わりははじまり、では、あらためてはじめようと誓うのでした。

絶園のテンペストのTVアニメのキャラと声優

魅力的なキャラクターたちを紹介!

・滝川吉野(CV:内山昂輝)

絶園のテンペストの主人公。

温厚で優しい性格ですが時折「明日が来ることはない」などと考えており、いざとなったときに非情な手段もとるので、仲間からは「性格が悪い」と言われたりします。

真広の復讐劇に巻き込まれていきます。

・不破真広(CV:豊永利行)

絶園のテンペストのもう一人の主人公。

魔法使いに手を貸す代わりに妹を殺した犯人を見つけるという条件で葉風と契約します。

自己中心的でややデリカシーにかける部分があったりしますが、なぜか吉野とは仲良く親友同士です。

・鎖部葉風(CV:沢城みゆき)

絶園のテンペスのヒロインで、最強の魔法使いの姫君。

同族から邪魔者とされ島流しにあってしまいますが、真広と契約し、隠し持っていた魔具を使用して真広に魔法を与えます。

桜色の長いきれいな髪に緋色の瞳、抜群のスタイルをもつ美少女です。

・不破愛花(CV:花澤香菜)

絶園のテンペスト、もう一人のヒロインで真広の義妹。

実は吉野と付き合っていますが、そのことを真広に悟られないよう、あえて真広の前では吉野に冷たくしたりしていました。

真広の留守中に事件に巻き込まれ命を落としてしまいます。

・エヴァンジェリン山本(CV:水樹奈々)

魔法による異変調査をしている女性。

吉野や真広をも超える長身で、拳銃や槍、サブマシンガンや剣術などあらゆる戦闘に長けている女性です。

最初吉野や真広に敵対心を抱いていますが、その後吉野と手を組みます。

・早河巧(CV:浅沼晋太郎)

祖父の遺言によりエヴァンジェリン山本を託されている役人。

30代前半という若さながら、政府の黒鉄病対策本部長補佐という地位にいます。

・羽村めぐむ(CV:梶裕貴)

工場で働く青年。

ゆっちゃんという彼女がいましたが、フリーターという将来性の無さと頼りないということを理由に振られてしまい嘆いています。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

絶園のテンペストのTVアニメの原作漫画

推理要素も取り入れられたファンタジー漫画!

「絶園のテンペスト」の原作は城平京さん原作、左有秀さん構成、彩崎廉さん作画による漫画で、2009年から2013年に月刊少年ガンガンにて連載されていました。

現代が舞台のファンタジー作品ですが、推理要素や駆け引きなども重点的に描かれていて変わった作風となっています。

タイトルとURLをコピーしました