スターウォーズエピソード4が最初の公開作、最後ラストの結末は? | MITU-Screen

スターウォーズエピソード4が最初の公開作、最後ラストの結末は?

スターウォーズエピソード4は公開された時期からすれば、一番最初ですね。

しかし、スターウォーズ全作品のストーリーからすると、真ん中から少し後くらいになります。

どの順で見たらいいのか、というのはいろんな意見があると思いますが、やはり公開順に見るというのが、自然かもしれません。

この記事では、一番最初に公開されたスターウォーズエピソード4の、あらすじと見どころ、キャストを紹介しています。

ぜひ、このスターウォーズエピソード4を手始めに、全作品を見てください。

スポンサーリンク

スターウォーズエピソード4のあらすじ

決して奪還されてはならない設計図

遠い昔、はるか彼方の銀河系で銀河共和国が滅亡後、平和だった銀河は帝国軍達に支配されていました。

そんな中で、反乱軍(レジスタンス)の一人が帝国軍が建設中であった宇宙巨大要塞デス・スターの極秘設計図のデータを密かに盗み出す事に成功しました。

帝国の皇帝であるパルパティーンはもっとも信頼のあるシスの暗黒卿のダース・ベイダーに設計図の奪還、反乱軍の本拠地を潰せと命令しました。

反乱軍の指導者であるレイア・オーガナは惑星オルデランに帰っている途中、帝国軍の宇宙巨大軍艦スター・デストロイヤーに攻撃され乗っていた輸送船タンティヴィⅣは帝国軍戦闘機によって囲まれてしまいます。

スター・デストロイヤーと戦闘中、レイア姫は養父ベイル・オーガナの友人の元ジェダイ、オビ・ワン・ケノービに助けを求めるため、設計図を奪還されないために、アストロメク・ドロイドのR2D2に救援のメッセージとデススターの設計図を預けます。

そして、プロトコル・ドロイドのC3POと一緒にオビワンのいる星にタトゥイーンに向けて小さな船で脱出します。。

そしてR2D2とC3POは一面砂漠の惑星タトゥイーンに到着します。

そこに捨てられた機械の部品、ドロイド等を盗むジャワという原住民族に捕まってしまいます。そしてR2D2達はタトゥイーンに住むことになります。

その後、農家の甥のルーク・スカイウォーカーに購入されます、R2D2達はルークによって整備されました。

その夜R2D2は一人でオビワン・ケノービを探しに出ていきます、それに気づいたルークが後を追っていきます。

そこに盗賊の襲撃に遭う、そこで近所のベン・ケノービという老人が現れルーク達を助けてくれます。

このベン・ケノービというのは姓を変えて、身を隠していたオビワン・ケノービでした。

そしてルークの壮絶な旅が幕を開けます。

最後ラストの結末

オビワンはルークに彼の父親のライトセーバーを渡します。

そして、父親が他のジェダイの騎士と一緒に、ダース・ベイダーに殺されたことを話します。

ルークが家に戻ると、伯父夫婦も殺されていて、結局ルークはオビワンとともに旅立つことを決意するのでした。

オビワンはハン・ソロと相棒のチューバッカを雇ってファルコン号でオルデランへと向かいます。

レイア姫は帝国軍に捕らわれ、反乱軍の基地の場所を白状させられます。さらに、帝国軍はデス・スターの兵器の試し打ちに惑星オルデランを破壊してしまいます。

ファルコン号がオルデランに到着したときには、惑星はなく、デス・スターの引力に引き寄せられてしまいます。

ルークたちは帝国軍の兵隊に扮して、デス・スター内に入り込み、さらにハン・ソロを説得して、レイア姫の救出に成功します。

ダース・ベイダーとオビワンの戦いの隙にハン・ソロとレイア姫はルークをファルコン号に引っ張り込んで、脱出します。

ファルコン号は反乱軍の基地にたどり着き、ルーク達が持ち帰ったデス・スターの設計図をもとに、弱点を見つけます。

反乱軍は攻撃をしますが、帝国軍に行く手を阻まれ、デス・スターに打撃を与えることはできませんでした。
絶体絶命かと思われた時、ファルコン号が戻ってきて、ダース・ベイダーの乗った戦闘機を宇宙に飛ばします。

ルークはです・スターの弱点である排熱口を狙いますが、自動照準がうまく行きません。

その時どこからかオビワンの声がフォースを使うこと指示します。

そして、ルークは自動照準を使わず、フォースを信じてミサイルを撃ち、見事排熱口から反応炉に入ります。そして反応炉が爆発し、デス・スターは大破します。

反乱軍は見事勝利を収め、レイア姫はハン・ソロ、チューバッカ、そしてルークに勲章を手渡しました。

スターウォーズエピソード4のみどころ

和をモチーフとした衣装や名前

スターウォーズエピソード4はスターウォーズの公開第一作品目で1977初公開されました。

この当時はCG技術も今と比べて乏しかった時代にもかかわらず、映像技術などがすごかったため一作目から大ヒットを決めました。

またスターウォーズの監督ジョージ・ルーカスは日本の黒澤明監督の映画が好きでスターウォーズにはたくさんの日本要素が隠れています。

例えばジェダイという言葉は日本語の時代からとった、ジェダイの来ている服はどこかしら和服にも見えます。

またスターウォーズの代名詞ライトセイバーはチャンバラがもとになったと言われています。

まだまだスターウォーズには日本の文化的な要素が隠れています。

スターウォーズの登場人物

作品を超えて愛される登場人物

オビワン・ケノービ

伝説のジェダイマスター、ダースベイダーの元師匠でありルークにフォースを教えた師匠です。

ルーク・スカイウォーカー

タトゥイーン出身の青年、レイアやソロとともに反乱軍に入ります。帝国軍に立ち向かう。フォースが使えます。

ハン・ソロ&チューバッカ

密輸業者のハン・ソロとチューバッカ、オビワン達と出会い帝国軍と反乱軍の戦いに巻き込まれます。

ダース・ベイダー

もとの名をアナキン・スカイウォーカー、名の通りルークと関係のある人物です。ジェダイを壊滅させ、帝国皇帝パルパティーンに仕えてきました。

R2D2

アストロメクドロイドで戦闘機に乗り、戦闘機の修復などをするメカです。自分の意思があります。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

スターウォーズ4のキャスト

今ではおなじみ俳優陣

スターウォーズに出演以降、沢山の俳優が大物俳優になっていきました。

・ルーク役マーク・ハミルトン
・ハンソロ役ハリソン・フォードです。

ハリソン・フォードはインディージョーンズ等沢山の有名映画に出演しています。

またスターウォーズ4のキャストは別シリーズでも重要人物であるため、4以降の作品にもたびたび出演します。

タイトルとURLをコピーしました