ゾンビ(1978)のあらすじと最後ラストの結末、ゾンビ映画の草分け! | MITU-Screen

ゾンビ(1978)のあらすじと最後ラストの結末、ゾンビ映画の草分け!

映画「ゾンビ」は原題が「DOWN OF THE DEAD」で、イタリアで1978年ヨーロッパ限定公開されたものです。

これが初めてのゾンビ映画でした。ゾンビを題材とした初の映画になります。

この記事では、ゾンビのあらすじ、監督とキャスト、この映画以外のゾンビ作品を紹介しています。

この手の映画が好きな人にはたまらないものでしょう。

ゾンビのあらすじ

定番になった化け物映画

ゾンビ化した町を抜けて・・・

ある日、死んだはずの人間の死体が突如動き出してしまうことがおきます。そしてその死体はいけている人間を襲い始めてしまうのです。

テレビ局WGONに務めているフランという女性は彼氏のヘリのパイロットをしているスティーブンと町から抜け出そうと決めます。

一方スティーブンの友達のロジャーという男はSWATのメンバーで任務を執行中でした。

そして、建物に籠っていた過激派グループの制圧を試みていましたが、その立て籠もっていた過激派グループがゾンビに襲われゾンビ化してしまいました。

ロジャー達は戦闘するもその光景に絶望します。ロジャーとピーターという同僚とともにスティーブンのヘリに搭乗して合計四人でこの町を飛び立ちます。

そして彼らはある大きなショッピングモールに着陸します。

もう、そこにも沢山のゾンビがいましたが、ショッピングモールには沢山の食料や物資が沢山残っていました。

四人はとりあえずここに留まることを決めます。これ以上モールにゾンビを侵入させないためスティーブン達は入口を塞ぐことにします。

しかし塞いでいるときに運悪くロジャーはゾンビに噛まれてしまい傷を負います。

ロジャーの傷は一向に良くならず、悪化していく一方、資源をもとめてやってきた、別の集団がスティーブン達のモールに襲撃してきます。

そしてゾンビと戦闘集団との熾烈な戦いが繰り広げられます・・・。

最後ラストの結末

そんなある日、とある暴走族がモールを襲ってきます。

彼らは入り口をやぶり、モール内に入って略奪の限りを尽くしますが、彼らもまた死者たちの襲撃を受けます。

彼らを追い払うべく戦っていたスティーブンも銃弾を受け、エレベーター内に閉じ込められてしまうのです。

そこへ大量の死者が押し寄せて、ついにスティーブンも歩く死者になってしまいました。

部屋にやってきたスティーブンを一撃で仕留めたピーターはフランにヘリで逃げろと言います。

その後、ヘリを準備していたフランのところに間一髪間に合って、二人は飛び去るのでした。

燃料は残り少ない状態でしたが、ピーターは何とかなるさと言います。

そして、モール内はふらふらと彷徨い続ける死者たちが溢れかえる世界になったのでした。

スポンサーリンク

ゾンビの監督

ホラー映画の鬼才

この映画の監督はジョージ・アンドリュー・ロメロです。アメリカの映画監督、脚本家、俳優、作曲家です。

ゾンビを題材とした映画を一番最初に制作したためゾンビ映画の第一人者と言われています。

ほかの制作した作品もカルト映画、ホラー映画などがほとんどです。

「羊の沈黙」という映画ではFBIとして出演するなど俳優としても活躍していました。

バイオハザードにも出演予定でしたが製作する人と合わなかったため自ら降板したそうです。

ゾンビのキャスト

この作品で名を馳せた俳優たち

ケン・フォリー

ロジャーの同僚ピータ・ワシントン役で、主人公的立ち位置の役です。

ゾンビ出演後も悪魔の生贄3という作品など多数のゾンビ映画に出演しゾンビキラーというあだ名がついたほどです。

デビット・エンゲ

スティーブンアンドリュース役のアメリカの俳優です。ゾンビ以降は目立った出演はないです。

スコット・H・ライニーガー

ロジャー・デマルコ役です。

ゾンビで名を馳せるがその後一つ作品に出演して以降は映画などには出演していません。俳優としての仕事は続けているそうです。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

ゾンビ以外のほかのゾンビ映画

斬新なゾンビ映画

ゾンビ映画はこの作品以降たくさん制作されました。その中でもおすすめの映画を一つ紹介したいと思います。

I AM LEGEND

この映画は、舞台は未来の話で世界に一人だけ生き残った男が、孤独に人類の復活を求め奔走ていく映画です。

映画では主人公しか人類は存在しないので、孤独という恐怖感とゾンビがいるという脅威を感じられる絶望的な怖さを楽しめる映画となっていてほかのゾンビ映画とはまた違った楽しみができます。

タイトルとURLをコピーしました