ボヘミアン・ラプソディの最後ラストの結末、ライブエイドがすごい! | MITU-Screen

ボヘミアン・ラプソディの最後ラストの結末、ライブエイドがすごい!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」はイギリスのバンド「クイーン」の活動の軌跡を描いています。

クイーン結成からフレディの最期のライブまでを描いています。上映当時は興行収入一位を記録しました。

音楽プロデューサーは現在のクイーンのブライアン・メイとロジャーテイラーが担当しているそうです。

この記事では、映画のあらすじ、クイーンを演じる俳優、最後に感想を紹介しています。

本当は映画館で見るのが一番ですが、家で見るときも、音量を大きくするか、ヘッドホンで聞いた方がいいかもしれません。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

ボヘミアン・ラプソディのあらすじ

フレディ誕生

時代は1970年のロンドンで、移民のバルサラは音楽に興味を持っていました。

ある日バルサラ青年はバーに行ってそこにいた「スマイル」というバンドに自分の歌声を聞かせて、自分を売り込見ました。

ちょうどスマイルはボーカルが脱退したばかりで、バルサラの歌声を気に入り、ギターのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラー、ベースのジョン・ディーコンとともに新しくバンドを立ち上げました。

そしてバルサラ青年はここで新しく生まれ変わるため「フレディ・マーキュリー」と名乗ります。

フレディの父親は厳しく、バンドなどは不良の遊びだと思っていました。

そしてフレディ達はバンド名を「クイーン」と名づけけて、自分の車を売ったりして資金を集めてアルバムを自分たちで作成します。

そしてそのアルバムに目をつけたEMIという大きなレコード会社のスカウトを担当するジョンがフレディ達をスカウトして、クイーンは事務所に所属することになります。

その後クイーンは世界中で人気を博し、世界の各国でツアーを始めます。

そしてそのころフレディは付き合っていたメアリーにプロポーズします。

どんどん躍進するクイーンに、事務所はクイーンが以前出した「キラークイーン」を踏襲した曲を作ってくれと言われますが、クイーンは同じことはやりたくないと反対します。

フレディは次にオペラを題材にしたロック音楽を作り始めます。

そしてとても長いアルバム「オペラ座の夜」というアルバムが完成します。

しかしこのアルバムはとてつもなく長くなってしまい短いショートバージョンとして「ボヘミアン・ラプソディ」というアルバムを出しました。

そしてクイーンはどんどん躍進していくのでした。

最後ラストの結末

躍進の陰で、フレディと他のメンバーたちとの間に次第に亀裂ができていきます。

フレディは悪趣味なパーティで酒浸りになるなどして、破滅へと追い込んでいきます。

ついに、フレディはソロに転向し、クイーンのメンバーとの仲を断ち切ってしまいます。

その頃、アフリカ難民救済を目的とした20世紀最大のチャリティコンサート「ライヴ・エイド」へクイーンの出演が打診されます。

ところが、マネージャーがフレディには伝えなかったので、フレディは激怒します。

別の日、フレディはレコーディング時に咳込んで血を吐きました。それはエイズの症状でした。

死の宣告を受けたフレディは再びメンバーの元を訪れ、ソロ活動では一緒に仕事をする連中はみんな言いなりで、反論する者もいない。それをできるのは君たちだけだと言います。

そして、今後の曲は誰が作ってもクイーン名義の曲にすることや、ギャラは均等にすることなどを条件に和解します。

クイーンとしてライヴ・エイドへの出演が決まります。

再び4人に戻ったクイーンは練習を再開させますが、HIV感染のためにフレディの喉の調子が上がらないことを心配します。

こうして迎えた1985年7月13日にライヴ・エイドにクイーンはステージに立ちました。

ライヴは大成功して観客の誰もがフレディに応えて声に出して歌い、メンバーも皆がエゴを捨てひとつになった瞬間でした。

そして素晴らしいステージは終わり、フレディはメンバーを振り返り、ステージを去っていくのでした。

dアニメストア

ボヘミアン・ラプソディのキャスト

最高のキャスト

・レミ・マレック

フレディ・マーキュリー役のアメリカの俳優です。デビュー作は「The War at home」というドラマでデビュー一気に有名になります。

その後は「ナイト・ミュージアム」や「ザ・パシフィック」などに出演しのちにこの作品のフレディ役に抜擢されます。

ボヘミアン・ラプソディでアカデミー主演男優賞を受賞されます。

・グウィリム・リー

ブライアン・メイ役のイギリスの俳優です。若いときのメイに似ているためファンからはすごいという声が上がりました。

初回31日間無料

ボヘミアン・ラプソディの感想

実は誰でも楽しめる映画

この映画をみて感じたのはクイーンのファンでクイーンを知っている人、クイーンの曲を聞いたことがあるがクイーンを知らない人、両者ともにたのしめる映画です。

知っている人も映画を見て映像でクイーンのメンバーやクイーンというバンドの物語を楽しむことができます。

またメンバーの当時の思いなどがわかるファンでも新鮮な感じで見れるストーリーになっています。

知らなければクイーンを知ることができます。この作品をみてクイーンの曲を聞くようになりファンになった方もいるそうです。

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました