ダンサー・イン・ザ・ダークの最後ラストの結末、セルマ役はビョーク! | MITU-Screen

ダンサー・イン・ザ・ダークの最後ラストの結末、セルマ役はビョーク!

映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は2000年公開のアメリカのミュージカル映画です。

この作品のカメラワークは斬新で、とても面白いカメラワークをする一風変わったミュージカル映画です。

制作に沢山のヨーロッパの国々が携わっていますし、日本の歌手や芸能人もこの映画をお気に入りの映画とする人が沢山いるそうです。

主題歌を歌っているのはビョークで主役でセルマを演じます。「I’ve seen it all」は歌唱部門でも賞を受賞するなど音楽にも注目できる映画です。

この記事では、映画のあらすじ、キャストと歌の歌手、感想と評価を紹介しています。

不思議な余韻が残る映画です。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

ダンサー・イン・ザ・ダークのあらすじ

なぜ真実を語らなかったのか

アメリカにある小さな町にはチェコから移住しにきたセルマという女性は、息子のジーンとともに楽しく暮らしていました。

仕事は工場での仕事で給料もいいとは言えないが、友人キャシーと共にする仕事は楽しかった、そんな日々を過ごしていました。

ところが、セルマは元々視力がどんどん失われる病気を持っていて今年には視力を失うことがわかっていました。

息子もその病気を持っていて13歳までに手術しなければ同じく視力を失う運命にあったためセルマは必死に貯蓄していた。

しかしセルマの視力も落ちていく一方で、仕事にまで影響がでるようになってきました。

そしてついには仕事を解雇させられてしまいました。さらに、今まで優しくしてくれていたビルという警察官に貯蓄の金を盗まれてしまったのです。

セルマは盗んだ金を返すように迫ると、二人はもみ合いになり、突然ビルの拳銃が誤って暴発し、その弾がビルにあたって即死してしまったのです。

そしてセルマは捕まってしまい、やがて裁判にかけられます。

しかし、セルマは裁判では真実を語らず、最後には死刑を宣告されます。

最後ラストの結末

面会にやって来たキャシーは手術代で弁護士を雇うよう勧めますが、セルマは受け入れません。

それは、何よりジーンの手術が大事だったのです。

そして執行の日、一歩ずつ絞首台へ歩いていくセルマにキャシーはメガネを渡します。

そして、ジーンの手術が成功したことを告げました。

思い残すことがなくなったセルマは妄想の中で幸せそうに歌い、そして踊ります。

しかし、その途中で無情にも刑は執行されてしまうのでした。

dアニメストア

ダンサー・イン・ザ・ダークのキャスト

最高の歌手たち

ビョーク

セルマ役のアイスランドの歌手です。映画はこの作品を含めて3作品に出ています。

拘束のドローイング9とこの作品では音楽も担当しています。

デビット・ボース

ビル役のアメリカの俳優です。アメリカのハリウッド作品からヨーロッパの作品まで幅広く出演しています。

初回31日間無料

ダンサー・イン・ザ・ダークの評価と感想

悔しさと強さ

この映画を見終わった後はしばらくボッーとしたような気分でした。

なんとも言えない切ない気持ちに駆られました。

またこの映画はミュージカル要素もありセルマの歌声はとても美しかったです。

あれだけ散々な目にあってもセルマの強い意思が表現されていて、すこし自分も強くなろうと自分を押してくれる映画でした。

好き嫌いが大きく分かれる映画で鬱映画だと、そんな映画だからこそ感じるものがありいい映画だったなど見る人によって感じ方が違う自分の目で見るべき映画です。

2000年のカンヌ国際映画祭では最高賞を受賞しました。

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました