ガールズ&パンツァーの劇場版の最後ラストの結末、聖地は大洗町! | MITU-Screen

ガールズ&パンツァーの劇場版の最後ラストの結末、聖地は大洗町!

劇場版「ガールズ&パンツァー」はテレビアニメとして放送された「ガールズ&パンツァー」の最終話からの、物語を描いた劇場版アニメ映画です。

まず、ガルパンとは、アニメ「ガールズ&パンツァー」の略称のことで、パンツァーとは、ドイツ語で装甲や戦車を意味しているんですね。

戦車を用いる武道「戦車道」がテーマの女子高生の物語で、戦車での戦いがメインです。4DXでの上映は戦車の動きとともにイスが動いたり、雨が降るシーンでは水が飛んできたりと、アトラクションのようで、人気が高いのです。

この記事では、映画のあらすじ、キャラと声優、そして、茨城県大洗町の聖地を紹介しています。

では、それぞれのチームの活躍をお楽しみください。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

ガルパン劇場版のあらすじ

新たな戦い

戦車道の全国大会で優勝し、廃校をまぬがれた大洗女子学園でしたが、再び廃校が決定されます。

その廃校の決定をくつがえすには、今度は大学選抜チームと戦って勝たなければなりません。

新しい高校や、知波単学園や継続高校も参加して史上最大の戦車戦が始まります。

乙女たちが挑む新たな試合。それは奪還の物語でした。

最後ラストの結末

夜が明けて、試合開始時間が迫りました。

8輌の大洗女子学園に対して、相手の大学選抜チームは上限最大の30輌を投入してきます。

指揮を任されたみほも、敗北を予見して絶望してしまいます。

ところが、そこへ突然「待った」の声が響きます。

それは、強豪校の一角黒森峰女学園通うみほの姉・西住まほでした。

そして彼女が率いる黒森峰女学園戦車道チームが保有する戦車が現れました。

さらにその後ろから聖グロリアーナ女学院、プラウダ高校、アンツィオ高校等他校の戦車道の生徒たちも現れたのです。

実は、全員が大洗女子学園に保有戦車ごと転校して、大洗女子学園チームとして合流したのでした。

これで、相手と同じ30輌の大隊になった大洗女子学園チームは、学園を取り戻す戦いを開始します。

数は同じでも、大学選抜チームの実力は高く、みほたちは苦戦を強いられます。

そこで、みほは一計を案じて、遊園地跡の廃墟に相手をおびき出す作戦に出ます。

それまで優位かと思われた大学選抜チームを、1輌ずつ確実に沈めていきます。

ところが、こちらもまた撃退されてしまい、残るのはみほとまほ、島田愛里寿の3輌だけになりました。

苛烈な激闘を繰り返した末、みほとまほの姉妹によるコンビネーションがついに炸裂します。

そして、島田愛里寿の戦車を打ち倒して大洗女子学園チームが勝利を収めたのでした。

dアニメストア

ガルパンのキャラと声優

キャラクターの数

劇場版「ガルパン」は、登場するキャラクターの数がかなり多いです。

しかし、キャラクターがチームごとに分かれているので、名前は忘れても何となくイメージは覚えていられます。

モデルになっている国は、シンボル的な表現があるため区別しやすい上に、変に目立っている子がいないため、人数が多いわりにバランスがとれており、いい感じです。

登場人物もキャラですが、今回劇場版で登場する戦車もキャラクターの一部として力を発揮しているように感じます。

それぞれ自分の好きな戦車やキャラクターを見つけるのも、楽しみの一つです。

あんこうチームのキャラと声優

・西住みほ:車長(渕上舞)
・武部沙織:通信手(茅野愛衣)
・五十鈴華:砲手(尾崎真実)
・秋山優花里:装填手(中上育実)
・冷泉麻子:操縦手(井口裕香)

声優さんたちもキャラクターに負けないほど、若くてかわいい人たちばかりです!

初回31日間無料

ガルパンの聖地巡礼

思いやりの聖地

ガルパンの聖地である茨城県茨城郡大洗町。

あんこうの名所である大洗町では、毎年11月になると「あんこう祭り」が行われます。

2019年には、ガルパンのキャスト5人がショーに出て盛り上がりました。

ガルパンのファンの人たちは、礼儀ただしい人が多く、あんこう祭りのあとはゴミ拾いをして帰ります。

映画を観たあとで、この大洗町を訪れると、まるで実際に訪れたことがあるような感覚になるそうです。町の人たちも、礼儀ただしいガルパンファンを温かく歓迎してくれます。

そんなファンと町の人たちは、お互いに協力し、お互いに思いやる気持ちを持っています。

それが、大洗町がみんなに好かれる聖地となっている、大きな理由だと思います。

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました