プラダを着た悪魔の最後ラストの結末、アンディ役はアン・ハサウェイ | MITU-Screen

プラダを着た悪魔の最後ラストの結末、アンディ役はアン・ハサウェイ

映画「プラダを着た悪魔」はファッションにも注目すべきでしょう。さらに、出てくる名セリフが印象的です。

ジャーナリストを夢見るアンディはあるファッション雑誌の会社に入りそこで悪魔のような鬼の上司のアシスタントとして奮闘する物語です。

この記事では、映画のあらすじと、豪華キャスト、そして、映画の中で出てくる名セリフの数々を紹介しています。

今でも、ファッションは女性のバイブル的存在のこの映画、今一度ご覧ください。

スポンサーリンク

プラダを着た悪魔のあらすじ

悪魔のような上司

主人公の名はアンディ(アンドレア・サックス)、彼女はある大学を卒業してアメリカのオハイオ州からニューヨークに上京してきました。

彼女はここでジャーナリストになることを夢見ていました。そして彼女は片っ端から会社に履歴書に送っていきました。するとある会社の人事部から返信が来ました。

なんとファッションの雑誌の会社からの返信でした。しかしアンディは全くしゃれっ気のない性格でした。しかし折角の機会だったので面接を受けに行きます。

仕事の内容はというと編集長であるミランダのアシスタントするというような内容でした。

アンディはファッションに全く興味もない性格なのでファッション雑誌のランウェイを購読したことや、編集長のことまったくなにも知りませんでした。

一人目のアシスタントのエミリーはこんなアンディに対して呆れてしまいます。

エミリーはそんなアンディにランウェイとはファッションの世界で一番すごい影響のある雑誌だということを教えます。

ミランダ編集長は仕事に対してとてつもなく厳しく、有名な編集長だということです。

そしていままでたくさんの人間がこの編集長の厳しさに耐えかねやめていったそうです。

そんなミランダがオフィスに部屋に入ってくるといままでとは皆雰囲気が変わり、皆すぐに仕事にかかりました。

ミランダはアンディを見て一瞬呆れてしまいますが、彼女の見た目はいいとは言えないが頭もきれるし、私は使えるという言葉にアンディを試してみることにしました。

いままでのアシスタントの見習いとはなにか違うと感じ取ったのでした。

翌朝、朝の四時ごろいきなりエミリーから電話がかかってきて、ミランダーのコーヒーを買って出社しろと命令されました。

そしてミランダと共にパリコレに同伴しました。この激務に何とか耐えました。

第一アシスタントの座を目指して耐えました。

この後もコーヒーを朝早くから買いに行く、出社したミランダのコートをすぐ椅子にかける
などミランダのありとあらゆる身の回りの物の世話をしました。

しかしそれでもミランダはアンディの名前も覚えず、大事な日ですら休めずにいました。

アンディはようやくミランダのアシスタントとしての仕事の過酷さに気づき始めます・・・・。

最後ラストの結末

ある日、ミランダが参加するパーティに、アンディも急遽出席することになります。

そのために、恋人のネイトの誕生日会に間に合わず、二人の関係はギクシャクしはじめます。

さらに、仕事ではミランダはエミリーの代わりにアンディにパリコレに同伴するように言うのです。

パリコレはエミリーが最も楽しみにしていたことでした。そのことを知ったネイトは、自分が好きなアンディはもういないと思って、関係は決裂状態になります。

パリでもアンディはミランダのアシスタントを完璧にこなしますが、ナイジェルがミランダが育て上げたデザイナーの新事業のパートナーになることを告げられます。

アンディはナイジェルの転機を心から祝福しました。

ところが、ミランダは手を回して、ナイジェルが着任する予定だったデザイナーのパートナーの座に、フランス版ランウェイの編集長を推薦していました。

ミランダのナイジェルへの仕打ちが許せないアンディはミランダの元を去ることを決意しました。

ニューヨークに戻ってから、アンディは再びジャーナリストへの道を目指します。

そして、ミラー社へ面接に行き、なんとそこで、彼女を雇わないなんて、ばかがすることだと、ミランダがミラー社に伝えたことを初めて知る事になります。

アンディが歩いているとき、車に乗り込むミランダと一瞬目が合いました。

しかし、彼女はあいさつもせず車で去っていきます。その時、ミランダは車の中で微笑んでいたのでした。

プラダを着た悪魔のキャスト

ブランドを着ると輝かしい女優

・アン・ハサウェイ

アンディ役のアメリカの女優です。テレビドラマの「ゲット・リアル」で主演を演じて賞を受賞しました。新作のバットマンやオーシャンズ8などにも出演しています。

また体作りにも力を入れているため沢山の人が彼女の美貌の虜になりました。

・メリル・ストリープ

ミランダ役のアメリカ出身の俳優です。この作品では三つも賞を受賞しました。

また2020年までに29回も賞を受賞しています。

・エミリー・ブラントン

エミリー役のイギリス出身の女優です。この方もこの作品で三つ賞を受賞しています。

2007年のアカデミー賞の受賞式ではアン・ハサウェイと共にプレゼンターを務めました。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

プラダを着た悪魔の名セリフ

胸に刺さる名セリフ

「パリは彼女のすべてなんです。」

エミリーが自分を差し置いてパリに同伴するアンディにアドバイスと自分ではなく後輩が同伴するという複雑な心境なシーン。

「貴方は私に似ているわ、人が何を求めているか、人のために何ができるかを超えて自分のために決断できるの」

これはアンディがミランダの進退を危惧し、ミランダにアドバイスしたシーンでミランダが
感動して放った名言です。

プラダを着た悪魔のファッション

ファッション界に衝撃をあたえたファッション

この映画の見どころの一つとしてファッションです。ミランダの服装で真っ白なコート、黒のコートに真っ赤なベルトをしているファッションです。

ビジネスコーデをベースにして赤いベルトとサングラスでスパイスを利かせたファッションです。

タイトルとURLをコピーしました