かぐや姫の物語の最後ラストの結末、監督は高畑勲、姫役は浅倉あき! | MITU-Screen

かぐや姫の物語の最後ラストの結末、監督は高畑勲、姫役は浅倉あき!

アニメ映画「かぐや姫の物語」は2013年にスタジオジブリから公開されました。もちろん原作は、日本の古典文学の基礎とされている「竹取物語」です。

映画が完成するまでに、8年の年月と50億円もの製作費がかかったそうです。その結果、ジブリヒロイン史上、最高の絶世の美女が誕生したというわけです。

映画の人物も背景も、まるで絵筆の細い線や、太い線を思わせる技術で描かれており、手書きの質感がよく出ている作品です。

この記事では、映画のあらすじ、キャラと声優、高畑勲監督のことを紹介しています。

ジブリ作品の中でもひときわ美しさにこだわった本作品をご覧ください。

スポンサーリンク

かぐや姫の物語のあらすじ

姫の犯した罪と罰

野山で竹を取って生活する、翁と媼がいました。

ある日、翁は竹林の中に、光る竹を見つけます。その中には小さなかわいい女の子の姿がありました。

翁はその子を連れて帰り、媼と大切に育てます。兄のような捨丸や他の子供たちと一緒に、女の子は遊びます。そして、どんどん大きくなり美しい姫となりました。

翁は、京都へ移り住み、貴族として育てることを望みます。

姫は貴族の教育をうけて、だんだんと大人しくなりますが、楽しかった山での生活を懐かしく思うのでした。

貴族の男性からの求婚や帝からの求婚も断ります。

すべてが嫌になり、振り切ったように走り出す姫。その足は昔そだった山へと向かいます。その時に姫は、もうここにはいたくないと強く願ってしまったのでした・・・・。

最後ラストの結末

翁と媼に、かぐや姫は自分が月の出身だと明かします。

御門に連れていかれそうになった時に、月に助けを求めたため、今月の15日に月から迎えが来るのだと言うのです。

しかし、かぐや姫はこのまま月には帰りたくないと泣き伏しました。

媼は、かぐや姫を竹藪のある故郷の山に向かわせ、捨丸と再会します。

二人で不思議な力で空中を舞い、手をつなぎ、抱きしめ合いますが、月が現れたとき二人は離ればなれになり、その逢瀬は捨丸の夢をみていたことになります。

捨丸は自らの妻子のいる木地師たちのもとに戻ってしまいます。

8月15日の満月の夜、武士たちが警備する翁の屋敷に、かぐや姫を迎える天人たちの一行が雲に乗って訪れます。

天人は守りを固めていた者たちを眠らせ、かぐや姫の正気を失わせ、その体を雲の上に招き寄せました。

そして、天人に勧められて、地上の記憶を失う天の羽衣を着ようとしたときに、女童と子どもたちが歌う童歌を聞いてかぐや姫は正気を取り戻します。

そして、翁と媼はかぐや姫のいる雲へと招かれますが、かぐや姫は天人に羽衣をまとうことに今少しの猶予を請い、かぐや姫は翁と媼に泣きながら別れを告げます。

その後、羽衣を着せられたかぐや姫は、一行とともに去っていきました。

そして、去る時に、地球を振り向いたかぐや姫は、地球での生活の記憶を失ったはずなのに、目に涙を浮かべていたのでした。

かぐや姫の物語のキャラと声優

豪華な声優

「かぐや姫の物語」の映画では、豪華な声優陣も注目するところです。

かぐや姫

かぐや姫の声を演じる浅倉あきさんは以下のように述べています。

“前から高畑作品が大好きで、色んな作品を見ていた。女優として8年目になるが、こんなに温かく、人間の悩みのつまった作品のかぐや姫として主役を演じることができた。収録中も色々と悩んだけれど、周りの人の言葉や作品への姿勢を見て、がんばれた。“

媼を演じる宮本信子さん
“この映画は、本当に日本が誇るアニメ映画だ。まるで絵巻物の人物が一斉に動き出している。エンドロールの600名のアニメーター、その他の方々の情熱や映画に対する重みを感じる。世界にはばたく映画になると確信しています”

捨丸:高良健吾
翁:地井武男

かぐや姫に求婚した位の高い貴族は、その声優に顔が似ており、くすっと笑えます。

日本を代表するような声優が集まるところも注目の一つです。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

かぐや姫の物語の監督と見どころ

高畑勲監督

原作に忠実に映画をつくろうと思ったのが、今から50年前だったのですが、映画にならず月日がすぎていきました。

77歳になった今、なぜスタジオジブリで「かぐや姫」をつくるの?と多くの人が思いました。

高畑勲監督は、かぐや姫はなぜ地球を選んだのか?なぜ去らねばならなかったのか?

地球にいた間、かぐや姫は何を考え、何を思っていたのか?

彼女が月の世界で犯した罪とは何か、そしてどんな罰を受けたのか?

その疑問のすべてに答えを出すための映画だと述べています。

これが最後の作品になる、最後の挑戦になるだろうと、ご自分でも分かっていたように、2018年4月に、82歳で亡くなりました。

高畑勲監督お別れの会では、エンディングテーマ曲を歌う二階堂和美さんが、「いのちの記憶」を独唱しました。

ゆっくりと語り掛けるように。涙をこらえながらも、しっかり歌われました。

「今のすべては過去のすべて、必ずまた会える懐かしい場所で。」

タイトルとURLをコピーしました