アンダーグラウンドの映画、ユーゴスラビアの内戦の怖さと監督の祖国愛 | 宝物のような場面とストーリーたち

アンダーグラウンドの映画、ユーゴスラビアの内戦の怖さと監督の祖国愛

映画「アンダーグラウンド」はユーゴスラビアの内戦の現実を見せた1995年の映画です。

ドイツ、ハンガリー、ブルガリア、ユーゴスラビアの協力作品で、ベオグラードというセルビアの都市を舞台とした、第二次世界大戦、ユーゴスラビアの内戦を描いています。

この記事では、映画のあらすじと監督とキャスト、感想を紹介しています。

我が祖国に対する愛の深さを感じる映画でした。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

アンダーグラウンドのあらすじ

追われるパルチザン

時代は第二次世界大戦中の1941年の4月、ベオグラードは当時ナチスが侵攻していました。

その地域に共産主義勢力であるパルチザンの党員であるマルコはクロを共産党に入党させます。

そして、彼らは裏社会でゆっくりと頭角を出していきます。

4月6日、ベオグラードではドイツ軍による爆撃で街は焼野原のようになっていました。

そしてナチス軍の共産党狩りがあったためにマルコはパルチザン一党を説得し、地下室に誘導して、そこで武器の密造をさせます。

マルコとクロには同じ片思いのナタリアという女性がいました。彼女には障害を持った弟がいました。

弟と自分の安全のためにナチスの将校と付き合っていましたが、クロの策略によってクロとナタリアは結婚することになります。

しかし結婚式の途中にナチスの襲撃に襲われてしまったため、恐れたナタリアは将校の元に戻りました。

クロはそのまま捕獲されてしまい、ナチス軍によって拷問されてしまいます。

マルコは医師に化けてフランスを殺害しクロとナタリアを奪還します。

そして二人とも地下室に逃げ込みます。マルコはその後次々と仲間を地下に連れ込んで幽閉していきました。

そしてマルコはパルチザンの英雄として大統領の側近にまで上りつめます。

マルコは地下にいる人間にはまだ戦争が続いていると嘘をつき続けていました。

そして最後にはクロからナタリアを奪い、妻にすることに成功します。マルコの暴走はまだまだ過激さを増していくのです・・・・

アンダーグランドの監督とキャスト

映画の鬼才

・ミキ・マノイロヴィッチ

マルコ役のセルビア共和国の出身の俳優です。パパは出張中でなどでデビューしました。アンダーグラウンドで国際的に名を馳せました。

・エミール・クストリッツァ

監督はエミール・クストリッツァです。現在ボスニア・ヘルツェゴビナの出身です。

カンヌ国際映画界で二度の受賞経験のある実力のある映画監督です。

もともと映画には興味が全くといっていいいほどなかったのでしたが、両親が彼の素行の悪さを見かね彼を強制的に映画学校にかよわせました。

すると彼には映画監督としての才能があったために彼が一番最初に作った作品は学校の賞を受賞しました。

初の長編作品ではヴェネツィア国際映画祭でも賞を受賞しています。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

アンダーグラウンドの評価、感想

何度でも見たくなる作品

監督の愛国心がひしひしと伝わってくる映画でした。またしかり少し寂しくもなる映画でした。

今はなき国、いつかこんな国があってという語りをするときにみる映画なんだろうなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました