ハリー・ポッターと秘密の部屋、ラストの結末を簡単に、なぜ剣が出た? | 宝物のような場面とストーリーたち

ハリー・ポッターと秘密の部屋、ラストの結末を簡単に、なぜ剣が出た?

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』はハリーポッターシリーズの第二作になります。

1998年、イギリスの作家、J・K・ローリングが発表した、大人気ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第2巻をもとに2002年に映画化されました。

この記事では、映画のキャラクターと吹き替え声優、あらすじとラスト、結末部分をネタバレで紹介しています。

また、最後、映画の核心部分のことで、ハリーが剣を手に入れますが、その秘密についてもわかりますよ。
映画のあらすじ

秘密の部屋の謎
ハリーは学校での最初の1年を終え、夏休みをダーズリー一家のもとで過ごしていました。

ハリーが意地悪な一家に嫌気がさしていたある日、突然ドビーという「屋敷しもべ妖精」が現れました。

ドビーはホグワーツへ戻らないよう警告しましたが、ハリーはそれを聞かずに、助けに来てくれたロンと共にダーズリー家を抜け出しました。

そして新学期。2年生となったハリーとロンは、もうひとりの親友ハーマイオニーとも再会し、充実した学校生活を送っていました。

ところが、ハリーは「殺してやる」という正体不明の謎の声が聞こえるようになり、校内でマグルの生徒たちが石になってしまうという不気味な事件が次々と起こり始めました。

サラザール・スリザリンが作ったと言い伝えられる「秘密の部屋」が関連していると気付いたハリー達は、秘密の部屋の謎を追いかけます。
映画のラストの結末
50年前に起こした事件によって、ハグリッドはアズカバンという監獄に送られてしまいます。そしてダンブルドア校長も停職処分を受けます。

ハグリッドからクモのあとを追っていけ、と言われ、ハリーとロンは、「禁じられた森」で超巨大なクモ・アラゴグに出会います。

アラゴグからハグリッドの罪は濡れ衣だと聞きます。ハグリッドと「秘密の部屋」は無関係でした。

石にされたハーマイオニーの手からパイプと書いた紙を見つけます。

50年前に死んだ女子生徒から、相手が「黄色い目玉が2つ」と聞き、それは実はヴォルデモートだったのです。

ヴォルデモートがジニーの身体で実体化しようとした時、不死鳥フォークスが現れ、組分け帽子を置いていきます。

その組分け帽子の中にあった剣で、ハリーはヴォルデモートが差し向けたヘビと戦い、ヘビの毒に侵されながらも、バジリストの牙で日記を刺し、トム・リドルの亡霊を倒します。

ハリーは不死鳥フォークスの涙によって快癒します。

そして不死鳥の足に捕まって、ハリー、ロン、ジニー、ギルデロイ先生が脱出し、やがて校長の停職処分も解かれ、ハグリッドもアズカバンから釈放になりました。

やがて石になった者たちも復活し、事件のせいで、期末試験もとりやめになりました。そしてハグリッドも学校に戻ってきました。
ラストで剣を手に入れたわけ
真のグリフィンドール生
ハリーは「スリザリンの怪物」バジリスクと戦っている時に、ダンブルドアの不死鳥フォークスが運んできた「組分け帽子」の中から出現した「グリフィンドールの剣」で、バジリスクを倒しました。

なぜ「組分け帽子」の中から剣が出現したのでしょうか?

後にダンブルドアが「真のグリフィンドール生しか剣を取り出せない」と語っています。

ハリーは「真のグリフィンドール生」ということなのでしょう。

「グリフィンドールの剣」は、分霊箱を破壊する力をもつ「バジリスクの毒」を吸収し、今後も分霊箱を破壊するアイテムとして登場してくる注目のアイテムなので覚えておきましょう。
キャラと俳優と吹き替え声優
・ダニエル・ラドクリフ
生年月日:1989年7月23日、出身地:イギリス/ロンドン

主人公のハリー・ポッターを演じたのはダニエル・ラドクリフです。

本作の出演により、世界的に知られる人気俳優となりました。

99年のTVドラマ「デビッド・コパーフィールド」で子役としてキャリアをスタートしており、01年のピアース・ブロスナン主演サスペンス「テイラー・オブ・パナマ」で映画デビューを果たしました。

そして同年、世界的ベストセラー『ハリー・ポッターと賢者の石』の映画化につき、3000人以上の候補者の中からみごとハリー役に選ばれ、世界的トップ・スターになりました。

成長したためにハリー降板の噂もありましたが、ファンの絶大な支持を受け、今なおハリー役を継続しています。

吹き替え・小野賢章
生年月日:1989年10月5日、出身地:日本/福岡県

主人公のハリー・ポッターの吹き替えを担当したのは小野賢章です。オーディションに応募したきっかけは、母親が原作のファンだったことでした。

テレビアニメ『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役も演じています。アニモプロデュースに所属しており、妻は声優の花澤香菜です。

子役時代から舞台・映画・テレビドラマで活躍していました。2014年2月にLantisより歌手デビューも果たしました。
・リチャード・ハリス
生年月日:1930年10月1日、出身地:アイルランド/ライムリック

校長のダンブルドアを演じたのはリチャード・ハリスです。

カレッジ卒業後の56年にロンドン音楽演劇アカデミーに入学し、アカデミー卒業と同時に舞台に立つようになり、58年に映画デビューを果たしました。

その後脇役でしたが映画に出演しつつ舞台にも立ち、63年の「孤独の報酬」で映画初主演を務めました。そしてアカデミー賞にノミネートされ、カンヌでは主演男優賞を受賞しました。

その後アメリカへ渡り「テレマークの要塞」「ジャガーノート」「サウス・ダコタの戦い」「カサンドラ・クロス」「ワイルド・ギース」などのアクション作品に出演しました。

90年代からは「パトリオット・ゲーム」「許されざる者」「グラディエーター」で脇を支えていました。

しかし「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の撮影終了後に体調を崩し、悪性リンパ腫であることが発覚し、02年10月に他界しました。

結婚は3回で最初の妻との間に3人の子供がおり、次男のジェイミーと三男のジャレッドは父と同じように俳優となっています。

「ハリーポッターと秘密の部屋」については、こちらもご覧ください。

ハリーポッターと秘密の部屋、原作小説との違いで残念なところは?
映画が先か、小説が先か、楽しみ方は人ぞれぞれでしょう。 しかし、映画は小説で取り上げた場面や設定を全て実現できません。 特に、物語が複雑になればなるほど、映画は分かり易さを求めて、小説とは違ってくるかもしれません。 この記...
ハリーポッターと秘密の部屋、金曜ロードショー、カットシーン多すぎ!
金曜ロードショーの「ハリポタファンタビ祭り」はなんと30分延長して放映されていたんですね。 夜の9時から始まって、11時24分までです。 ところが、今回のハリーポッターと秘密の部屋は上映時間が2時間54分。 でも、コマーシ...
タイトルとURLをコピーしました