アラジンのアニメ映画、ジャスミンとジーニーの吹き替え声優は誰? | 宝物のような場面とストーリーたち

アラジンのアニメ映画、ジャスミンとジーニーの吹き替え声優は誰?

アニメ映画「アラジン」はアメリカで1992年に公開されました。

アニメ映画「アラジン」は、「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原作とした、ディズニーの長編アニメーション映画です。

ユニークなキャラクターたちとファンタジーな世界観から今もなお根強いファンの多い名作アニメです。

この記事では、映画のあらすじ、キャラと吹き替え声優、主題歌の紹介をしています。

いつまでも輝きを失わない、名作をご覧ください。

Amazonプライムビデオ無料お試し登録
スポンサーリンク

アラジンのアニメ映画のあらすじ

願いを叶える魔法のランプ

貧しいけど純粋な心をもった青年アラジンは、王宮を抜け出して市場にやってきたジャスミン王女に一目惚れをします。

その一方で、王国を我が物にしようとしている大臣ジャファーは願い事を叶えてくれる魔法のランプを手に入れようと企んでいました。

そのランプは、純粋な心を持った者しか入れないと言われる「魔法の洞窟」にあるといいます。

その洞窟に入れる唯一の人物をアラジンだと知り、アラジンを騙し、魔法のランプを手に入れてくるよう持ち掛けますがその作戦は失敗。

魔法のランプから飛び出てきた3つの願いを叶えてくれる魔神ジーニーはアラジンに従うようになります。

アラジンはジーニーの力で王子に変身し、ジャスミンを振り向かせようと奮闘します。

しかしジャファーが魔法のランプを奪うため、アラジンの前に再び現れることとなり…。

アラジンのアニメ映画のキャストと吹き替え声優

アラジンやジャスミンの紹介と声優

・アラジン

主人公。アグラバーの街で相棒の猿、アブーとコソ泥をしながら生活している青年です。

とても貧しいですが、心優しい性格の持ち主です。

原作版の声優はスコット・ウェインガー、歌パートはブラッド・ケインが担当しています。

吹き替えは羽賀研二さん、歌パートは石井一孝さんが担当しています。

・ジャスミン

アグラバーの王女で、国王の一人娘。

動物を愛する優しい性格ですが、いざという時には誰にでも立ち向かうことのできる勇敢な一面も。

原作版の声優はリンダ・ラーキン、歌パートはリア・サロンガが担当しています。

吹き替えは麻生かほ里さんが担当しています。

・ジーニー

魔法のランプの妖精で、「人を殺すこと」「他人の気持ちを変えること」「死人を蘇生させること」「叶えられる願いの数を増やすこと」以外ならどんな願いでも3つまで叶えてくれるといいます。

ランプを擦って自分を起こした人を主人とし、長年ランプに閉じ込められていたことから、その主人には逆らえません。

原作版の声優はロビン・ウィリアムズ、吹き替えは山寺宏一さんが担当しています。

・ジャファー

アグラバーの国務大臣ですが、実は厭味ったらしい邪悪な魔法使い。

コブラのような杖で催眠術を使い、ジャスミンの父親を操っていました。

原作版の声優はジョナサン・フリーマン、吹き替えは宝田明さんが担当しています。

→→dTV 31日間無料お試しに登録する

アラジンのアニメ映画の主題歌

誰もが知るあの名曲

アラジンの主題歌は名曲、「ホール・ニュー・ワールド」。

ピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルがデュエットした曲で、全米No.1ヒットを記録しただけではなく、アカデミー賞最優秀主題歌賞やグラミー賞ソング・オブ・ザ・イヤーなども受賞しています。

アラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんに乗り、空を旅する夢のような時間を彩る楽曲。
名曲揃いのディズニーの中でも、代表曲とも言えるような名曲ですよね。

タイトルとURLをコピーしました