クラウド・アトラスの映画、トム・ハンクスの役柄は?原作小説は | MITU-Screen

クラウド・アトラスの映画、トム・ハンクスの役柄は?原作小説は

映画「クラウド アトラス」は2012年公開のSF映画です。

トム・ハンクスなども出演していて、6つからなる物語が交差する作品です。

トム・ハンクス達はそのエピソードエピソードごとに違う役を演じています。

デイヴィット・ミッチェルの小説を原作とした映画で、エピソードごとに違う監督が監督しているんですね。

この記事では、映画のあらすじ、監督とキャスト、原作小説について紹介しています。

6つの物語がどこで繋がるか、興味津々でストーリーに引き込まれること間違いなしです。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

クラウド・アトラスのあらすじ

交差する未来と過去

年代は1894年のアメリカ、弁護士であったユーイングという男は奴隷を使った貿易の契約を無事終えたところでした。

医師のグースと共に帰国するために船に乗ります。その船の中で密航を企てていた脱走奴隷のオトゥアに遭います。

彼は助けを求めてきましたが、断ります。しかし何度も助けを求めてくるオトゥアについに折れて助けることになります。

ユーイングはその後、契約金を独り占めしようとするグースに毒殺されそうになります。

しかしオトゥアの助けにより命を救われるのです。このことをきっかけにユーイングは考えを改めます。

ユーイングは奴隷を売買する奴隷商人のはハスケルとは縁を切り、妻のティルダと共に奴隷解放運動に参加します。

時代は変わり1931年イギリスに住んでいるフロビシャーという青年は有名な作曲家であったエアズという作曲家のもとで採譜という楽譜に描き起こす採譜係としてエアズのもとで働いていました。

彼はユーイングの航海記の愛読者でした。そして自分で作曲していたが、エアズにそれを奪われかけたフロビシャーはエアズを撃ってしまい、逃亡してしまいます。

フロビシャーは自分の作った曲を作曲し終えた後、恋人に遺書をのこし自殺します・・・。

dアニメストア

クラウド・アトラスの監督とキャスト

姉弟監督など

監督は三人いて、ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキーです。ラナとアンディは姉弟で、三つの年代のストーリーを担当しています。

トム・ティクヴァはドイツ出身の監督です。もともとベルリンの映画館で映写技師として働いていました。

ラナとアンディはウォシャウスキー姉妹というアメリカで有名な映画監督です。トランスジェンダーです。

マトリックスシリーズを監督し、マトリックスがヒットし有名になりました。2019年のマトリックスでは妹のラナだけが作品に携わりました。

・アダム・ユーイング役:ジム・スタージェス
・ヘンリー・グース役:トム・ハンクス
・オトゥア役:デヴィット・ジャーシー

初回31日間無料

クラウド・アトラスの原作

原作を尊重した作品

2004年に出版されたデヴィット・ミッチェルが著者の小説です。ジャンルはSFドラマ小説になります。

オムニバス小説で前編と後編に分かれていて、全く時代も違いますが、どこか繋がる部分がある興味深い作品ですね。

dアニメストア
タイトルとURLをコピーしました